電子書籍の衝撃 本はいかに崩壊し、いかに復活するか? 佐々木俊尚著

電子書籍の衝撃 本はいかに崩壊し、いかに復活するか? 佐々木俊尚著

キンドル、iPadと電子ブックリーダーが発売され、アメリカでは電子ブックの販売が加速している。電子ブックの普及は出版社や書き手、書店の姿をどのように変えていくのか。ITやメディアに造詣が深いフリージャーナリストである著者が電子ブックを取り巻く環境を生態系に例え、(1)デバイスの普及、(2)プラットフォームの出現、(3)本のフラット化、(4)マッチングモデルの構築、の4段階で新しい本の世界を予測する。

携帯音楽プレーヤーの普及でデジタル化が進んだ音楽業界を例にとりながら、電子ブックの出現は本の崩壊にはつながらないと主張する一方で、取次や再販制など日本の出版業界におけるさまざまな問題点にも苦言を呈する。

ディスカヴァー携書 1155円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。