だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学 石川幹人著

だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学 石川幹人著

だまされるというと、ネガティブなイメージでとらえられがち。しかし、そこには生物が生き残るうえで賢い戦略が隠されていることを、本書は「進化心理学」で解明しようと試みる。

たとえば、茂みに太いひもが落ちていたとする。それを発見したとき、人はとっさに蛇ではないかと警戒する。近寄れば蛇ではなく、ひもだと判断できるが、近寄ってからでは蛇だった場合に対応が間に合わない。つまりあえて蛇だとだまされることで、危険を回避しているわけだ。「だまされ上手」が進化の産物だと説明できるゆえんである。

生物進化の仕組みに基づいて、人間の感情や行動原理を理解しようとする進化心理学をわかりやすく解説する。

光文社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT