だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学 石川幹人著

だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学 石川幹人著

だまされるというと、ネガティブなイメージでとらえられがち。しかし、そこには生物が生き残るうえで賢い戦略が隠されていることを、本書は「進化心理学」で解明しようと試みる。

たとえば、茂みに太いひもが落ちていたとする。それを発見したとき、人はとっさに蛇ではないかと警戒する。近寄れば蛇ではなく、ひもだと判断できるが、近寄ってからでは蛇だった場合に対応が間に合わない。つまりあえて蛇だとだまされることで、危険を回避しているわけだ。「だまされ上手」が進化の産物だと説明できるゆえんである。

生物進化の仕組みに基づいて、人間の感情や行動原理を理解しようとする進化心理学をわかりやすく解説する。

光文社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。