ザラ、メキシコ政府に「文化の盗用」指摘された訳

民族衣装の利用に対して説明を求める書簡

ザラに限らず、ファストファッションブランドが、デザインの盗用を指摘されるのはこれが初めてではない。過去には、イヴ・サンローラン氏に長く仕えたピエール・ベルジェ氏は、「ファストファッションに創作は必要ない。市場にあるものを真似て、安く提供するだけでいい。あとはマーケティングの力だけである」と語っている。

実ザラなどの母体であるインディテックスには300人のデザイナーがおり、8つのブランドのために毎年1万8000着の新作を生みだしている。ライバルのH&Mやギャップは年間4000着だとされている。

つまりインディテックスの旗艦ブランドであるザラが、1年間で市場に出すアイテムの数は膨大。それをこなすには、消費者が興味を引かれる商品を生み出し続けなければならい。

ネットでデザインの盗用もわかりやすくなった

盗用を指摘するデザイナーも少なくない。2016年にはアメリカ・ロサンゼルス在住のアーティストが、自身のデザインがザラに使われていると、自身のデザインとザラの商品の写真を並べてインスタグラムに投稿。これに多くのデザイナーやアーティストが反応した。また、キューバで生まれた零細企業の作品が模写された、という訴えもある。

アパレル企業やファッションブランドが意図的に盗用した意図がないとしても、盗用された側は別の感情を抱くだろう。イギリスのガーディアン紙は、特にメキシコの民族衣装はそのデザイン性の高さなどから、長い間さまざまなメーカーから類似商品が出るなど、盗用の温床となっている。

もっとも、同紙によると、アパレル企業側は先住民側が知的財産権をめぐる訴訟でも起こさないかぎり、盗用などを認める可能性は低い。ほとんどの先住民族コミュニティは貧困にあえいでおり、訴訟費用をまかなうことは不可能だとされる。今回のメキシコ文化省による訴えは、アパレル企業にどこまで響くだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT