日本が旧日本軍「失敗の本質」繰り返す悪弊の正体

部分最適求める永遠平時国家のままでは戦えない

旧日本軍の失敗を分析した『失敗の本質』著者の戸部良一氏(右)とアジア・パシフィック・イニシアティブ理事長の船橋洋一氏が語り合った連載。最終回です(撮影:尾形文繁)
コロナ禍の対応で迷走する日本。約40年にわたり読み継がれている名著『失敗の本質』で旧日本軍の失敗を分析した戸部良一氏と、独立系シンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ」(API)を率い、福島原発事故と新型コロナウイルス感染症対策の民間調査を実施した船橋洋一氏が、日本の課題を4回にわたって話し合った短期集中連載。最終回をお届けする。
第1回:日本のリーダー「危機を語らず隠す」が招く大迷走(6月1日配信)
第2回:総力戦できず楽観的な日本がコロナ大迷走の必然(6月2日配信)
第3回:コロナとフクシマに映る政治家と専門家のあり方(6月3日配信)

タコツボと化した巨大官庁

船橋 洋一(以下、船橋):前回はリーダーシップ論について伺いましたが、今回は最終回ということで、官僚制の問題から中央と地方の関係の課題、さらには日本の問題、課題というところに踏み込んでいきたいと思います。

リーダーシップ論の中では、指導者と専門家の関係のあり方についても伺いましたが、戦前は専門家集団である軍部と政治指導者の対話や協力が、軍人の政治的成熟度という問題も含めてうまくいっていなかった、それが悲劇でした。今回のパンデミックでは、アドバイザーは感染症を専門とする科学者ということになりますが、官僚制の課題としては、感染症の危機管理を担当する厚生労働省です。

厚労省の予算は他の省庁と比べて突出して大きいが、人員は行革で削られてきています。ワクチン予防接種室は危機勃発の時、わずか10名ほどでした。組織ガバナンスがうまくいっていないことは、近年の政治スキャンダルの多くが厚労省がらみであることからもうかがえます。

国会でいつも叩かれる役回りなので、職員はどうしても守りの姿勢に傾き、攻めの行政ができない。規制官庁の殻に閉じこもり、時代の要請に応える前向きの産業政策を進めることができないんですね。

モンスターと化した厚労省が抱える最大の問題は、ひとことで言うと、それぞれの部署がタコツボとなってしまっていることです。橋本内閣の行政改革で旧厚生省と旧労働省を統合した役所ですから、厚生省系と労働省系があり、旧厚生省系では、年金・介護などを扱う“中枢”と感染症を扱う“傍流”、事務官系と医務技官系、さらに医系と薬剤系もあって非常に複雑です。たくさんの“村”があるのです。どうしても、全体の最適解ではなく司司の縄張りを守るための部分最適解を追求する体質となってしまっています。

それは、戦前の軍部の陸軍対海軍の関係においても指摘されていることで、軍人も専門家集団でありながら官僚的体質を持っていたわけですが、この辺りは、戦後、変化しているとみるべきなのか、それとも変わっていないところなのか、どうなのでしょう。

戸部 良一(以下、戸部):結果的に見ると、あまり変わってないということなのだと思います。ただ、橋本行革を見てもわかるとおり、いろいろな意味で、制度を変えようという発想はあります。必要以上に変えているという印象もなくはありませんが、とにかく組織や制度は変えようとしてきたけれど、それに人の発想がついていけず、行動が変わらない、ということではないかと思います。

それがなぜなのかを追求していくと、“日本的な文化”に逃げてしまいかねないといったところがありますね。

次ページ中央と地方
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT