ついにVISAが「Apple Pay」に対応、何ができるか

「iPhone内のクレジットカード」を見直す機会

「Apple Pay」のお得な使い方を紹介する(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

2016年に発売されたiPhone 7で、日本に上陸したApple Payだが、その後も徐々に機能やサービスを進化させている。日本では、当初iD、QUICPay、Suicaの3サービスだったが、2020年には首都圏の私鉄に採用されるPASMOへの対応もスタート。機能面では、iPhone XSから、バッテリー不足時でもエクスプレスカードに設定したSuicaなどでの決済が可能な「予備電力機能」に対応している。

この連載の一覧はこちら

日本のおサイフケータイに利用されていたFeliCaのサービスを取り込む形で始まったApple Payだが、クレジットカード各社が採用するNFCでのタッチ決済にも対応していた。日本でも、Visaが積極的にタッチ決済をアピールしているが、NFCでの決済環境が徐々に整いつつある。そんな中、5月11日にはVisaのタッチ決済にも対応。従来から利用できたマスターカードやJCBに加え、Visaのクレジットカードでも、タッチ決済の利用が可能になった。

Suicaを取り込んだApple Payは、その後、交通系ICサービスを海外でも展開。アメリカ、中国、香港などの国で利用されている交通系ICカードを、iPhone内に取り込めるようになっている。そこで今回は、Apple Payの最新事情を踏まえた利用術を解説していく。普段利用しているユーザーも、この機会にウォレット内のカードを見直してみてもいいだろう。

ついにVisaがApple Payに対応

フィーチャーフォン(ガラケー)時代から、おサイフケータイがあり、その決済インフラが日本に浸透していたため、アップルは、Apple Payの日本展開を開始するにあたり、iPhoneをFeliCaに対応させた。日本でのみ、iDやQUICPay、Suicaが使えるのはそのためだ。Visaやマスターカードといったクレジットカードを登録しても、iDかQUICPayが割り当てられ、非接触決済が利用できた。現在も、この仕組みは続いている。

VisaがApple Payに対応。Visaタッチ対応店舗で利用できるようになった(筆者撮影)

一方で、クレジットカード会社は、世界的に普及が進むNFCによるタッチ決済を日本でも展開。クレジットカードをかざして決済するCMを目にしたことがある人は多いだろう。実はiPhoneも、NFCによるタッチ決済に対応している。マスターカードやJCBを登録すると、iDやQUICPayとは別に、もう1つのカード番号が割り当てられていた。これは、NFCのタッチ決済に使うためのもの。この仕組みがあるため、日本のユーザーも、海外でApple Payを利用することができる。

次ページユーザーのメリットは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT