肌の色でいじめられた娘のために父親が書いた本 学校でのいじめに父親はどう立ち向かったか

拡大
縮小
藤沢市に住むカナダ出身のブレイスウェイトさんと、娘のミオさん(写真:筆者提供)

神奈川県藤沢市に住むアフリカ系カナダ人キノタ・ブレイスウェイトさんは、ある日、黒人のカナダ人で日本人でもある娘ミオから突然、もう学校に行きたくないと言われ、うろたえた。その日、ブレイスウェイトさんは日本での暮らしは安全で子どもにとっては素晴らしい環境である一方、おそろしい面もあり、相当の注意が必要であると知った。

学校で起きている度を越したいじめもそのひとつだ。9歳のミオは父親に、学校の友人からからかわれたり、侮辱されたりというひどい行為を受けてきた、と伝えた。いじめの一番の原因は、ミオが言うには、自分で変えられないことだという。つまり、彼女の肌の色だ。

「普通」から外れている子が標的になりやすい

日本のいじめ問題は周知の事実であり、今日に始まったことではない。文部科学省の2020年のデータによると、日本の83%の学校でいじめがあったという。日本の学校で起きたいじめの報告件数は61万2496件で、2019年より6万8563件も増えている。報告された大半のいじめは小学校で起きており、揶揄や脅し、侮辱が多いという。

悲しいことに、幼稚園から高校、さらに大学に至るまであらゆる年代の子どもたちにとっていじめを受けるのは珍しい経験ではない。会社員さえも職場でいじめられたと訴えているほどだ。

原因はさまざまだが、人種、肌の色、出身地が社会で「普通」とされる特徴から外れている子どもたちはその標的になりやすい。そしてミオのように茶色の肌に縮れ毛の少女はここ日本では「標準」とはほど遠い。

次ページ娘のいじめを受けてまずしたこと
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT