高校生が制服を着崩さなくなった真因【動画】

大学入試制度改革が優等生目指す志向を導いた

昭和や平成の初期に比べて学校の制服はかわいく、かっこよくなりました。

非行少年少女やミニスカ女子高生が減った?

一方、街で腰パンや極端なミニスカートなど、制服を着崩している不良、非行少年少女の姿はめっきり減りました。

東京の新宿、渋谷、池袋では、タータンチェックのミニスカート姿の女子高校生が闊歩していましたが、今では見かけるのが珍しくなくなりました。

『学校制服とは何か その歴史と思想 』(朝日新聞出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

このことから不良、非行少年少女が少なくなったとは決めつけられませんが、制服変形が減少した理由を探ってみると意外な事実が浮かび上がってきます。

教育ジャーナリスト、小林哲夫さんの著書で朝日新聞出版から発売されている『学校制服とは何か?その歴史と思想』を読み解き、ポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの森岡沙衣がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT