櫻井翔ら「高学歴ジャニーズ」が存在感を増す理由

最近は「新世代」の高学歴ジャニーズも登場

こうして「インテリジャニーズ」としてその名を知られるようになった阿部亮平は、『ザ・タイムショック』(テレビ朝日系)、『東大王』(TBSテレビ系)など、有名クイズ番組にたびたび出演し、好成績をあげている。

また、この阿部の台頭に引っ張られるように、ジャニーズJr.の「高学歴ジャニーズ」もしばしばクイズ番組に登場するようになっている。たとえば、2021年3月29日放送の『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日)の特番には、ジャニーズJr.の公式エンタメサイト「ISLAND TV」のなかの企画で結成された「ジャニーズクイズ部」の面々が出演した。

出演した部員は、阿部亮平に加え、青山学院大を卒業し、宅地建物取引士の資格も持つ川島如恵留(Travis Japan)、慶應義塾大学経済学部在学中の那須雄登と立教大学法学部在学中の浮所飛貴(いずれも美 少年)、早稲田大学創造理工学部卒業後同大学院に進学した本髙克樹(7 MEN 侍)、国公立大(大学名は非公表)に通う福本大晴(Aぇ! group)の計6名。現在は、彼ら個々でも、クイズ番組や情報番組への出演が増えつつある。

「高学歴ジャニーズ」活躍の背景

新世代の「高学歴ジャニーズ」の特徴は、このようにクイズ番組を中心に活躍が見られるところだ。

その背景には、知識や知性がエンタメの中心的要素になっている、いまのテレビのトレンドがある。伊沢拓司らをはじめとした「東大生タレント」の活躍ぶりは、その端的な例だ。また京都大学出身のロザン・宇治原史規や同志社大学出身のメイプル超合金・カズレーザーのような「高学歴芸人」の存在も同様だ。

歌とダンスだけにとどまらない、ジャニーズのマルチタレント化は、1990年代以降SMAPらの登場によって顕著になった。櫻井翔は、その流れを汲みつつ、「高学歴ジャニーズ」のパイオニアとして報道番組に進出した。そしてその後に続くように、2000年代の「高学歴ジャニーズ」たちも、報道番組や情報番組においてキャスターやコメンテーターとして活躍するようになった。

これに対し、現在の「高学歴ジャニーズ」新世代は、いま述べたように、クイズをはじめとする知的エンタメの隆盛によって、報道などの硬派な番組だけでなく柔らかい娯楽番組にも活躍の場を広げている。

つまり、知識や知性は、いまや芸能人のスキルとして重要なものになっている。そのなかで「高学歴ジャニーズ」は、従来のジャニーズのイメージとのギャップからくる新鮮さもあり、重宝されているのではないだろうか。ジャニーズにとっての新たなフロンティアを開拓する存在になった「高学歴ジャニーズ」。ジャニーズの行く末を占う意味でも、その動向から今後も目が離せない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT