信頼されない人は報・連・相がなってない【動画】

自分が言いたい事でなく相手が聞きたい事を

仕事における会話のおよそ9割は、実は「報告・連絡・相談」、よくいわれる「ホウレンソウ」のどれかにカテゴライズされます。

ホウレンソウは仕事の成果やかかる時間に直結

これは、ほとんどの仕事は1人では成し遂げられないため、必要な人に必要なことを伝える作業が発生するからです。

だから伝えられたことを正確に、すばやくホウレンソウできるかどうかは
仕事の成果やかかる時間に直結すると言っても過言ではありません。

しかし、このホウレンソウがうまくできていない人も少なくありません。

『できる大人が使っている社会人用語ハンドブック』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

いったいどのようにすれば良いのでしょうか?

今回はTBS元アナウンサーでコミュニケーション・コンサルタントとして数万人の社会人にマナー指導やビジネス会話のレッスンを行っている今井登茂子さんの著書『できる大人が使っている社会人用語ハンドブック』をもとに、仕事で相手を不快にさせる言葉、ビジネスにおいて必要な「報・連・相」のコツについて動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生の際には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT