マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

企業勤務の傍ら中東現代文学の翻訳、研究者として活動する著者は、大学でスペイン語を専攻したのを皮切りに、フランス語、イタリア語、ペルシア語、英語と、興味の趣くまま十数カ国語を学んできたという。多くは独学で、その学習方法は文法に真面目に取り組む一方で、文学作品を原書講読するといういたってシンプルなものだ。

英語を中心に実用会話を主体に据えた学習書は多い。とっつきやすさはあるが、果たして言語を習得する際に文法を端折ってよいのか。そもそも日本人が初めて学ぶ外国語が「英語」である必要はあるのか。日本の英語学習にも一石を投じながら、外国語を習得するとはどういうことか独自の語学論を展開する。

扶桑社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT