マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

企業勤務の傍ら中東現代文学の翻訳、研究者として活動する著者は、大学でスペイン語を専攻したのを皮切りに、フランス語、イタリア語、ペルシア語、英語と、興味の趣くまま十数カ国語を学んできたという。多くは独学で、その学習方法は文法に真面目に取り組む一方で、文学作品を原書講読するといういたってシンプルなものだ。

英語を中心に実用会話を主体に据えた学習書は多い。とっつきやすさはあるが、果たして言語を習得する際に文法を端折ってよいのか。そもそも日本人が初めて学ぶ外国語が「英語」である必要はあるのか。日本の英語学習にも一石を投じながら、外国語を習得するとはどういうことか独自の語学論を展開する。

扶桑社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT