マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

拡大
縮小
マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

企業勤務の傍ら中東現代文学の翻訳、研究者として活動する著者は、大学でスペイン語を専攻したのを皮切りに、フランス語、イタリア語、ペルシア語、英語と、興味の趣くまま十数カ国語を学んできたという。多くは独学で、その学習方法は文法に真面目に取り組む一方で、文学作品を原書講読するといういたってシンプルなものだ。

英語を中心に実用会話を主体に据えた学習書は多い。とっつきやすさはあるが、果たして言語を習得する際に文法を端折ってよいのか。そもそも日本人が初めて学ぶ外国語が「英語」である必要はあるのか。日本の英語学習にも一石を投じながら、外国語を習得するとはどういうことか独自の語学論を展開する。

扶桑社新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT