マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

マルチリンガルの外国語学習法 ある翻訳家の「語学」心覚え 石井啓一郎著

企業勤務の傍ら中東現代文学の翻訳、研究者として活動する著者は、大学でスペイン語を専攻したのを皮切りに、フランス語、イタリア語、ペルシア語、英語と、興味の趣くまま十数カ国語を学んできたという。多くは独学で、その学習方法は文法に真面目に取り組む一方で、文学作品を原書講読するといういたってシンプルなものだ。

英語を中心に実用会話を主体に据えた学習書は多い。とっつきやすさはあるが、果たして言語を習得する際に文法を端折ってよいのか。そもそも日本人が初めて学ぶ外国語が「英語」である必要はあるのか。日本の英語学習にも一石を投じながら、外国語を習得するとはどういうことか独自の語学論を展開する。

扶桑社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。