記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争 上杉隆著

記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争 上杉隆著

フリージャーナリストの著者が、かねて日本のジャーナリズム衰退の元凶だと批判してきた記者クラブ制度。所属しないメディアを排除し、官僚が流す情報を「垂れ流す」ことによって、国民の知る権利を阻害してきたという。

しかし、昨年の政権交代によって徐々にだが、記者会見が開放されつつある。それは本書に掲載された岡田外相の記者会見開放宣言や閣議後の「ぶら下がり」会見廃止、亀井金融相による記者クラブと非記者クラブ向けの1日2回の会見に至るまでの詳細なドキュメントからもわかる。

日本の記者クラブが「特オチしない権益」を守ろうとするがゆえに、自らの国を滅ぼそうとしていることに早く気づくべきだと主張する。

小学館101新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT