ロシアを刺激しかねない海自訓練に挑む男の胸中

漫画「空母いぶきGREAT GAME」(第4集 第26話)

訓練の会議のため各艦長らが一堂に会するなか、訓練海域を巡り緊張が高まる──

『沈黙の艦隊』などの名作で知られるかわぐちかいじのベストセラーコミック『空母いぶき』。そこで描かれた、中国との尖閣諸島を巡る局地戦から5年後──。

『空母いぶきGREAT GAME』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

北極海で作業中の護衛艦「しらぬい」は、民間調査船船「ディオサ号」からのSOSを受信する。「ディオサ号」は、海底からソナー状の機械を引き揚げた直後、突然魚雷攻撃を受けていた。

「しらぬい」艦長・蕪木(かぶらぎ)は、義侠心から「ディオサ号」を保護、曳航し、謎の敵と武力で牽制し合いながら、無事大湊の自衛隊基地まで送り届けた。だがその夜、基地構内で「ディオサ号」は謎の機械ごと爆破沈没されてしまう。

謎の敵=ロシアと判明し、一方蕪木は「いぶき」艦長に任命される。緊張高まる中、陣容を改めた「いぶき」含む第5護衛隊群の初演習が行われる! 

いったい日本が取るべき道とは?『空母いぶきGREAT GAME』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(25ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT