自衛隊の「魚雷発射」に大義名分はありうるか

漫画「空母いぶきGREAT GAME」(第4話)

自衛隊の護衛艦による魚雷発射。それに大義名分はありうるのか?

『沈黙の艦隊』などの名作で知られるかわぐちかいじのベストセラーコミック『空母いぶき』。そこで描かれた、中国との尖閣諸島を巡る局地戦から5年後――

『空母いぶきGREAT GAME』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

舞台は北極海。調査研究のために派遣された護衛艦「しらぬい」は、何者かに魚雷攻撃を受けた民間調査船「ディオサ号」からのSOSを受信する。

「しらぬい」艦長の蕪木(かぶらぎ)は、咄嗟に武器を使用して民間船を危機から守ったが、正体不明の敵からの攻撃は、「しらぬい」をも対象としてさらにエスカレート。全世界が注視する中、「しらぬい」は民間船を曳航し、安全圏まで送り届けようとする。

新航路のルートとしてロシア、アメリカ、そして日本の思惑が複雑に交錯する北極海で、新たな激戦が始まろうとしていた――。

いったい日本が取るべき道とは?『空母いぶきGREAT GAME』(小学館)より抜粋してご紹介します。

「いい報せ」と、「悪い報せ」

©かわぐちかいじ/小学館
次ページ早くて10日?!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT