スタバコラボ店舗の「マリトッツォ」超話題のワケ 無名の「プリンチ」がなぜ単独で開店できたのか

印刷
A
A
見た目はシンプルだが、驚くべき工夫が詰まっているプリンチの「マリトッツォ」(持ち帰り各410円、店内利用418円)。ヘーゼルナッツ味の「マリトッツォノッチョーラ」と、ストロベリー、ラズベリー味の「マリトッツォランポーネ&フラーゴラ」の2種類が販売されている(撮影:今井康一)
この記事の画像を見る(4枚)

日本のスイーツ流行は大きな波が来た後に、1〜2年で引いていく、移り変わりの激しさが特徴だ。そして今、過去のタピオカと同程度に盛り上がりを見せているのが「マリトッツォ」である。パンに生クリームを挟んだもので、イタリアではポピュラーな食べ物。とくにローマの朝食に欠かせないとされている。

発音しにくい異国の響きを持つマリトッツォ。このスイーツが、多くの人に受けている理由はどこにあるのだろうか。

今回は、マリトッツォを日本に紹介し、ブームのきっかけをつくったベーカリー、「プリンチ」に取材した。

マリトッツォを求めて行列ができた

プリンチがマリトッツォの販売をスタートさせたのは2020年の2月から。そして今年に入り、ブームが盛り上がり始めた時期には「マリトッツォを求めて行列ができる」「どの店に行っても入手できない」といった事態が生じるようになった。

現在は生産体制を整え品切れすることはなくなっているものの、最も多いときで、週に5000個を販売した記録もあるという。

丸いパンに生クリームを挟んだオーソドックスでシンプルな形だが、中にオリジナルのソースをしのばせてあり、サプライズ感がある仕上がりだ。

その他、プリンチならではのおいしさの工夫もあるのだが、それは後ほど説明することとして、まずは同ブランドの基本についておさらいしておこう。

プリンチはパン職人、ロッコ・プリンチ氏によるミラノ発のベーカリーで、スターバックスとのコラボレーション店舗を世界で6都市に、単独店もミラノ、ロンドンの他、シアトル、シカゴ、ニューヨーク、東京などに展開している。

日本に初めて紹介されたのは2019年2月。中目黒の「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」内に誕生した。しかし同年7月には代官山にプリンチの単独店が、9月には銀座に「スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り」がオープンしている。

次ページ無名の「プリンチ」がなぜ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT