人気の200万円級「コンパクトSUV」はどれが買いか

7モデルを比較して見えた個性と売れる理由

激戦区のコンパクトSUV各モデル(写真:トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、マツダ)
この記事の画像を見る(64枚)

今、自動車業界で最も勢いのあるジャンルは何かと聞かれれば、その答えは「コンパクトSUV」である。この1年数カ月の間にトヨタ、日産、ホンダから、続々と新型コンパクトSUVが登場しているのだ。

まずは2020年の初頭、2019年11月に発売したトヨタ「ライズ」が「カローラ」や「ノート」などのベストセラー常連を抑えて、新車販売台数ランキング1位を獲得して業界を驚かせた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

また、2020年6月には日産が10年ぶりの新型車「キックス」を投入すると、2020年8月にはトヨタが「ヤリス」の派生モデル「ヤリスクロス」をリリース。そして2021年4月、ホンダが満を持して2代目「ヴェゼル」を発売する。

では、これらのコンパクトSUVは、どんな実力を持っているのだろうか。

国内コンパクトSUVは7モデル

まずは、コンパクトSUVがどんなクルマであるのか、その定義を考えてみよう。

クルマのサイズ感を把握する基準として、ボディサイズで分ける「セグメント」があり、日本でいわゆるコンパクトカーと呼ばれるモデルの多くは、AもしくはBセグメントに分類される。

トヨタ「パッソ」や日産「マーチ」、三菱「ミラージュ」がAセグメントとなり、トヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」、日産「ノート」、スズキ「スイフト」「マツダ2」がBセグメントとなる。

全長4m程度、150万~の価格帯がおおよそBセグメントの目安となる(写真:スズキ)

その上となるCセグメントは、トヨタ「カローラ」や「プリウス」、ホンダ「シビック」「マツダ3」、スバル「インプレッサ」などが該当する。

コンパクトSUVを“コンパクトカー・ベース”と考えるなら、ABセグメントをベースにしたモデルをコンパクトSUVと見るのが妥当であろう。

では、ABセグメントをベースにしたコンパクトSUVには、どんな車種があるだろうか。

トヨタ ライズとダイハツ「ロッキー」という2台の兄弟車。そしてトヨタ ヤリスクロスに日産 キックス、ホンダ ヴェゼル。そして「マツダ2」をベースにする「CX-3」。また、軽自動車をベースとするスズキ「ジムニーシエラ」も、サイズ的には文句なしのコンパクトSUVだ。これらのモデルを全長の短い順に並べると、以下のようになる。

車名 全長 価格
スズキ ジムニーシエラ 3550mm 179万3000円~
トヨタ ライズ 3995mm 167万9000円~
ダイハツ ロッキー 3995mm 170万5000円~
トヨタ ヤリスクロス 4180mm 179万8000円~
マツダ CX-3 4275mm 189万2000円~
日産 キックス 4290mm 275万9900円~
ホンダ ヴェゼル 4330mm 227万9200円~

ちなみにトヨタ「C-HR」や、マツダ「CX-30」「MX-30」は、Cセグメントモデルと同じプラットフォームを使うため、ヴェゼルと寸法は近いが除外している。

次ページライズ/ロッキーと孤高の存在、ジムニーシエラ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT