人気の200万円級「コンパクトSUV」はどれが買いか

7モデルを比較して見えた個性と売れる理由

近年になって増えているのは、後輪をモーター駆動で賄うモーター式の4WDだが、ヴェゼルはあえてフロントのエンジン部から後輪に向かってプロペラシャフトを備えた、古典的な機械式のシステムを採用している。これは燃費性能には不利だが、悪路走行という面では一日の長がある。降雪地域の人には嬉しい部分だろう。

ヴェゼルの「e:HEV×リアルタイムAWD」シャシーイメージ図(写真:本田技研工業)

ヴェゼルの最大の欠点は、価格だろう。ガソリン車であっても227万9200円スタートで、ハイブリッドになると265万8700円からとなり、BセグメントのコンパクトSUVというよりも、もうひとクラス上が狙える価格帯になっているのだ。ライバルよりも余裕のあるボディサイズや高められた質感により、価格も若干高めに設定されたのだろう。

激戦区だけに個性豊か

このようにひと口にコンパクトSUVといっても、モデルごとに個性は多彩だ。「絶対にこれが“買い”だ」というモデルがあるわけではなく、自分の好みや使い方を考えれば、細かい装備やスペックで比較せずとも、おのずと1台が浮かび上がってくるだろう。「サイズ」「デザイン」「用途」「価格」の観点から各車を見てみてほしい。

こうしてコンパクトSUVの顔ぶれを並べて気づくのは、トヨタの底力だ。ジムニーシエラという個性派しかいないAセグメントSUVに、王道的な乗用SUVであるライズ/ロッキーを投入して大ヒットさせたのは見事な戦略だ。

そして、Bセグメントにはヤリスクロスを用意し、さらにその上のクラスにC-HRやRAV4、ハリアーをずらりと並べる。そんなラインナップの層の厚さが、2020年のトヨタの国内販売の強さの理由だろう。

また、マツダもCX-3だけでなく、すぐ上にCX-30、MX-30、さらにはCX-5、7人乗りのCX-8を用意するなど、SUVへの注力は顕著だ。それに対してホンダや日産、スバル、三菱のSUVラインナップの薄さが気になる。

トレンドを探して、そこにあらんかぎりの力を注ぐトヨタ。世界一をうかがうメーカーは、国内市場への対応も一切容赦ないというわけだ。さすがトヨタということだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT