遺産相続でサムスン創業家の支配力が強固に

グループ主要企業の株は長男の李在鎔氏が半分を相続

2020年10月に亡くなったサムスンの李健熙会長(中)。左は妻の洪羅喜氏、右は長女の李富真氏(写真・ソウル新聞)

韓国最大財閥のサムスングループトップで、2020年10月に死去した李健熙(イ・ゴンヒ)会長が残した遺産のうち、サムスン生命株の相当数を李会長の長男でサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)氏が相続することになった。サムスン電子やサムスン物産、サムスンSDSなどの株式は、法定相続に従って遺族たちが相続することになった。

中核企業・サムスン生命株は子ども3人で相続

サムスングループの支配構造の核心となるサムスン生命の株式の大半が李副会長の所有になれば、現在の支配構造がより強固になりそうだ。一方で、相続税額が巨額であるのは変わらず、そのため相続税負担は遺族同士で分散して負担することになった。

李会長の遺族は、妻の洪羅喜(ホン・ラヒ)氏、長男の李副会長、長女でホテル新羅代表の李富真(イ・プジン)氏、次女でサムスン公益財団理事長の李叙顕(イ・ソヒョン)氏。4月30日に約19兆ウォン(約1兆8600億円)相当となる李会長の保有株式をどう相続するか、その具体的な比率を公開した。

李会長が20.76%保有していたサムスン生命株は、李副会長が相続分全体の半分となる2075万9591株を、富真氏が6分の2となる1383万9726株、叙顕氏は6分の1の691万9863株をそれぞれ相続する。洪氏に対する相続はない。法定相続比率通りであれば、洪氏が9分の3、3人の子どもたちがそれぞれ9分の2ずつとなるが、洪氏が自分の相続分を子どもたちに渡すことになる。

次ページグループ支配力強化・相続税支払いに備える
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT