コンサル会社が異業種人材をかき集めまくる訳

DXニーズ沸騰!大手だけでも年間5000人を採用

コンサル業界が大量にかき集めているのはIT人材。その背景にあるのは?(デザイン:熊谷 直美)

大手通信会社で働くエンジニアの岡田貴弘さん(仮名・38歳)は、この春に転職活動を進めていた。狙っていたのはコンサルティング業界。「まずは試しに」と転職サイトに登録すると、驚いたことに人材紹介会社から月100~200件ものスカウトメールが舞い込んだ。転職エージェントに理由を尋ねると、「コンサル会社は最近、異業種から大量に人をかき集めているんですよ」との答え。とくに岡田さんのような大手ITベンダーでの開発経験がある人材にはスカウトが殺到しているという。

聞けば、データサイエンティストなど、需要の高いスキルを持っている人には月500件ほどのメールが届き、年収も、現状より200万~300万円アップはざら。「場合によっては倍増するケースもある」(転職エージェント)というから岡田さんは驚いた。「文字どおり、引く手あまただった」と振り返る岡田さんは、最終的に5社に応募し、うち4社から内定を得ることができたという。

コンサルは高級人貸し業に

なぜ、コンサル会社がこうもIT人材を求めているのか。その背景には昨今のデジタルトランスフォーメーション(DX)需要の高まりがある。

『週刊東洋経済』5月10日発売号の特集は「コンサル全解明」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

DXとは何か。経済産業省が2018年にまとめたDX推進ガイドラインによるDXの定義を要約すると、「データとデジタル技術を活用してビジネスモデルだけでなく企業文化や組織まで変革し、安定した収益を確保できる仕組みをつくる」ことだ。となれば単にITの知識や技能を持っているだけではダメで、会社全体を変革できるような視点や知見が必要になってくる。しかし、一般企業にはIT人材さえ乏しいのが現状だ。

そのため、がぜんコンサル会社の存在感が高まっている。というのもコンサル各社は、数年前からIT人材の確保に走り、すでにかなりの人数を抱えて教育を施しているからだ。DXの時代が来ることを見越していたのだ。

企業はこぞってコンサル会社を頼り、今や彼らは“高級人貸し業”として、知識と技術を併せ持った人材を企業に提供しているのだ。

次ページ異業種からの中途採用が7割
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT