コンサル会社が異業種人材をかき集めまくる訳

DXニーズ沸騰!大手だけでも年間5000人を採用

2020年はコロナ禍で4〜6月ごろにプロジェクトが止まり、市場はやや縮小したが、7月以降は急速に回復。それどころか、サプライチェーンの見直しやリモートワークへの対応といった新たな課題が浮き彫りになったことで、クライアントの DXに対する意識がさらに高まった。その結果、「今夏発表する2025年までの予測は伸び率が一層高くなりそう」(植村氏)で、1兆円どころか1兆2000億円程度まで拡大するものとみられている。

就活生の人気も上昇

こうした市場の盛り上がりは、就職活動をする学生たちの価値観をも変化させている。2年前に就活を経験した早稲田大学の卒業生は「ほとんどの就活生がコンサル会社の説明会や選考に参加している」と明かす。コンサル会社に入れば、「仕事でいろんな会社を見られる。若い頃からバリバリ働いてスキルアップすれば、事業会社への転職にも有利に働き、潰しが利くと考える人が多い」(同)からだ。

かつてのコンサル会社といえば、エリートの中でも選び抜かれた人だけが入れる狭き門だった。しかし、近年は「採用人数も多く、滑り止め感覚で受ける人もいる」という。実際、この卒業生も大学3年生の時点ですでに「コンサル会社から内定をもらっていた」そうだ。

就職人気ランキングでも、コンサル会社は上位にランクインするようになった。表を見ていただきたい。これは、東京大学と、早稲田・慶応大学の学生に人気の企業をランキングしたもの。これを見れば明らかなとおり、コンサル会社が上位にずらりと顔をそろえている。これまで就職人気ランキングの上位といえば、商社や銀行、航空会社といった業種が常連だった。それが今や、コンサル会社が取って代わるほど存在感を増しているのだ。

市場が沸騰、それに伴って人材争奪戦も激化するコンサル業界。企業のDXニーズはとどまりそうになく、しばらく活況に沸きそうだ。

『週刊東洋経済』5月15日号(5月10日発売号)の特集は「コンサル 全解明」です。
画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプしますを
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT