婚活で「妊娠」「不妊」が赤裸々に語られる理由

センシティブだが、避けては通れない話題

一郎さんは経済力があり、家を4つほど所有していました。しかし、前妻との子どもたちには財産をあげたくないそうで、新しい女性との間にできた子どもにあげたいといいます。

しかし、その子を1人前に育て上げるまでには20年以上はかかるわけです。そのとき、一郎さんは80代後半になります。「教育費などのお金は残るの?」と聞くと、「家を1軒ずつ売ればいいんですよ」と笑う。1軒ずつ売っちゃったら、結局その子に遺す財産はないですよね。「まず子どもがほしい」という発想が先で、そこまでは考えがいたっていないのかもしれません。

知識やデリカシーが欠けている男性も

ことこのテーマに関しては、知識やデリカシーに欠けている男性が少なくないと感じます。例えばある女性は、お見合い相手の50代男性に、「私はすごい性欲があるんだ。アンタ、子どもほしいの? この前、病院に行ったら『20代の男と同じくらい精子がある』って言われたから、1人ぐらい産んでもらってもいいと思ってる」と大きな声で言われたそうです

また別の女性は、やはりお見合いの席で「キミはもう30代半ばだから、子ども2人ほしいなら連続で産まないとね。生理はいつ? 排卵日の前後3日間は出張は入れないでね。高齢出産なんだから、それくらい覚悟しないとダメだよ。わかってんの?」と叱られたとか⋯⋯。

婦人科系のよくある持病を明かしたところ、「この人は子どもが産めないんだ」と勝手に解釈して破談にした男性もいました。逆に、40代半ばの女性に対して「大丈夫だから、一緒に妊活がんばろう」と前のめりになりすぎて、女性のほうが「私、責任取れないです。気が重いです」と引いてしまい、お断りしたケースも。

人生において「妊娠」「出産」は非常に大事なことです。婚活の場においては、「子どもを持つか・持たないか」も含めて、男女がきちんと知識を身につけ、お互いに冷静に話し合うことが重要です。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT