「バツ2」「50代」で再婚を望む人達それぞれの事情

離婚を経験した人が「最後の婚活」に臨むワケ

離婚を経験し、「次の生き方」を考えて再婚を目指す人々の心理とは(写真:shimi/PIXTA)

結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。今回のテーマは、離婚と再婚を繰り返す人について。かつては「一生添い遂げる」ことが理想の結婚とされてきましたが、現代では、バツ1、バツ2も珍しくなくなってきました。なぜ離婚するのか、そしてなぜまた結婚したいと思うのか。その心理に迫ります。

自分らしく生きるためのパートナー探し

一度離婚をすると「もう結婚はいいや」と懲りてしまう人は多いのですが、何度も結婚、離婚する人も少しずつ増えてきました。人生100年時代といわれる現代。50代、60代になっても活力がある人が多く、「次の生き方を考える」という意味で、再婚を目指すようです。

この連載の一覧はこちら

ある50代の実業家男性、健一さん(仮名)。20代の会社員時代に結婚して、3人の子どもに恵まれました。しかし、当時はがむしゃらに働くだけ。専業主婦の奥さんに家事子育てを任せっきりで、仕事人間の健一さんとはすれ違いが多く、結局離婚してしまいました。

健一さんはその後、会社をやめて起業。年収がどんどん上がった40代のときに一回りほど年下のきれいな女性と再婚しました。ところが、外見重視の結婚だったせいか性格が合わずに、また離婚。

そして今、3回目の結婚に向けて婚活しています。今度こそ「最後の結婚」と言っています。今度はただ「好きな相手」を探すというよりも、このあとの20年、30年を自分らしく生きるために、手を取って生きていくパートナーが欲しいのだそうです。

相手に求める条件は「仕事を持っていること」。それもパートではなく、なにかしら責任がある仕事をしていてほしい。そこでの経験を共有し、健一さん自身も成長したいのだそうです。

健一さんは多趣味で勉強熱心。好奇心旺盛なせいか、50代という実年齢よりもかなり若々しく見えます。ワインに詳しく、ワインセラーを2つほど所有。健康のことを考えて料理も勉強し、食材をこだわって選んで作っています。「今日はいい鴨が手に入った」といって、1時間も2時間もかけて本格的な鴨料理を作るくらい。

次ページ「まだ子どもが欲しい」50代男性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT