日経平均、「妖怪ウォッチ」で見たら下落?

【今週の相場展望】「ポルトガル妖怪」は怖いのか

経営不安が伝わったバンコ・エスピリト・サント(BES)。ポルトガル最大の上場銀行への懸念が広がったことで、市場は動揺した(ロイター/アフロ)

「妖怪」との「バトル」に勝ってきたマーケット

このところ、日米の株式市場や為替市場では、相場の変動が小さくなってきた。そのため、かえって「そのうち大きな波乱が生じるのでは?」との警戒感が生じている。来たる波乱要因は何か、という議論もよく耳にする。

ところが、振り返れば、日本経済への消費増税の悪影響懸念や、ウクライナ情勢、タイのクーデター、イラク国内での戦闘激化などがあったにもかかわらず、市場はいまのところ結局、すべてこなしている。「今度こそは、『波乱要因』という怖い『妖怪』が現れるのでは」と、警戒したものの、結局は市場がバトルに勝ち、妖怪を取り込んでしまったようだ。

それでもさすがに先週は、ポルトガルの大手銀行の経営不安がきっかけとなり、欧州の株価やポルトガル国債相場が下落。これらが震源となって、日本株式を含む他国の市場や為替にも影響を与えた。日経平均株価は2012年11月以来、約1年8か月ぶりの5日続落。終値は1万5164円だった。

今週は、このポルトガルの懸念に加え、イスラエルのガザ地区空爆といった、海外からのいくつかの妖怪をどう見るのか。人気アニメ・ゲームの「妖怪ウォッチ」になぞらえれば、もしかしたら、国内の株式市場が「妖怪ウォッチ」を通して妖怪を「発見」して恐れるあまり、国内株の上値が抑えられる展開があるかもしれない。

次ページ売ってもダメなら・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT