日経平均、「妖怪ウォッチ」で見たら下落?

【今週の相場展望】「ポルトガル妖怪」は怖いのか

経営不安が伝わったバンコ・エスピリト・サント(BES)。ポルトガル最大の上場銀行への懸念が広がったことで、市場は動揺した(ロイター/アフロ)

「妖怪」との「バトル」に勝ってきたマーケット

このところ、日米の株式市場や為替市場では、相場の変動が小さくなってきた。そのため、かえって「そのうち大きな波乱が生じるのでは?」との警戒感が生じている。来たる波乱要因は何か、という議論もよく耳にする。

ところが、振り返れば、日本経済への消費増税の悪影響懸念や、ウクライナ情勢、タイのクーデター、イラク国内での戦闘激化などがあったにもかかわらず、市場はいまのところ結局、すべてこなしている。「今度こそは、『波乱要因』という怖い『妖怪』が現れるのでは」と、警戒したものの、結局は市場がバトルに勝ち、妖怪を取り込んでしまったようだ。

それでもさすがに先週は、ポルトガルの大手銀行の経営不安がきっかけとなり、欧州の株価やポルトガル国債相場が下落。これらが震源となって、日本株式を含む他国の市場や為替にも影響を与えた。日経平均株価は2012年11月以来、約1年8か月ぶりの5日続落。終値は1万5164円だった。

今週は、このポルトガルの懸念に加え、イスラエルのガザ地区空爆といった、海外からのいくつかの妖怪をどう見るのか。人気アニメ・ゲームの「妖怪ウォッチ」になぞらえれば、もしかしたら、国内の株式市場が「妖怪ウォッチ」を通して妖怪を「発見」して恐れるあまり、国内株の上値が抑えられる展開があるかもしれない。

次ページ売ってもダメなら・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT