「合法的無銭飲食」体験者だけが知る驚きの世界

求めよ、さすれば全て与えられる(byアフロ)

このような生き物としての生存本能をぐさりと刺激する喜びとコーフンを前にしては。やれブランド食材だやれ味付けだどうだやれ調理法がどうだやれスパイス使いがどうだ……つまりは「おいしい」かどうかなんぞ、実に表面的なことに思えてきたのであった。

っていうかですね、食べられるってことが、すなわち「おいしい」のである。ライオンだってカラスだって、野生動物はすべてそのように生きている。食べられるものであればなんだってもぐもぐと満足そうに食べている。つまり、食べ物は何だって、そもそもおいしいんじゃないだろうか?

サトイモの皮を食べ腰を抜かす

と思ったらデスね、私の採取生活はとどまることを知らなくなった。

我がマンションから徒歩1分の空き地にワラワラと生えてきたドクダミ(写真:筆者提供)

何を見ても「これは……もしかして食べられるのでは?」と考えずにはいられなくなったのである。

そのままでは食べられないものも「お茶にする」という選択肢をプラスすると、野草採取の世界はさらに飛躍的に広がった。

ドクダミやビワの葉、スギナなど、乾燥させたものを煎じて飲めばおいしいお茶になる。

野草に限らない。玉ねぎの茶色い皮も、捨てる前に煎じて飲めば、甘く香り高いタマネギ茶である。ハッサクや夏みかんなど柑橘類の皮も細く切って天日に干して、番茶にブレンドして飲むと絶妙に爽やかでうまい。

さっそく収穫してベランダで乾かすとすぐカラカラに。ドクダミ茶完成です(写真:筆者提供)

ちなみにこれらワイルドなお茶類も、抜群に健康によいのだよ。例えばタマネギ茶の美しい色はポリフェノールなんですから♡

そう健康にいいと言えば、野菜だろうが果物だろうが「皮」に最も栄養があることは、知識としては案外多くの人が知っていると思う。でも実際にそれを食べるかとなると話は別ではないだろうか。硬いとか、汚いとか。

でも私にはそんな躊躇はどこにもない。何しろ「食べられる」もんは全部食べたいのである。大根、人参、ごぼう、かぼちゃはもちろん、サトイモの皮だって食べる。サトイモの皮なんぞ、素揚げして塩振って食べたら、サトイモの真髄とはコレだったかと瞠目せずにはいられないワンダホーな味がして腰を抜かしましたぜ。

次ページ我が家の生ごみはほぼゼロに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT