「減酒」に成功した人が教える具体的な減らし方

女性や子どもがいる人の飲酒量が増えている

新型コロナ後、増えてしまった飲飲酒量を減らすにはどうしたらいいのか(写真:PIXTA)

フロリダ在住の51歳のパラリーガル、アンドレア・カーボーンさんは、これまでの人生でそれほどお酒を飲むほうではなかった。しかし、新型コロナウイルスの流行後、仕事や健康、子どもたちの安全についてしょっちゅう悩むようになった。

昨年は多くの人が自宅で仕事をするようになった一方、カーボーンは出社を強いられた。いわく「まるでゴーストタウンのよう」に見えたタンパのダウンタウンの職場に向かい、がら空きとなった道路を車で走りながら泣いた朝も何度かあったという。

1日グラス1杯からボトル1本に

カーボーンのストレスレベルが急上昇するとともに、飲酒の量も増えた。コロナ以前、カーボーンは夕食をとりながら赤ワインをグラス1杯飲むのがつねだった。しかし5月になると、飲酒量は著しく増えた。

「帰宅してワインを1杯、それから夕食時に1杯、その後座ってテレビを見ながらまた1、2杯飲んでいる自分に気づいた」とカーボーンは言う。「夜の終わりにはボトルを1本空けていた」。

これはけっしてカーボーンにかぎった話ではない。コロナ、市民生活の不安、政治の混乱といった昨年の一連の怒涛のような出来事にまつわる恐怖心、いらだち、社会的孤立が蔓延したことでストレスレベルが急上昇し、多くの人は飲酒量が増えた。

女性や小さな子どもを持つ親が、とくに大きな打撃を受けたようだ。アメリカ心理学協会が2月に実施した調査によると、大人の4人に1人が昨年はストレスに対処するため飲酒の量が増えたと答えている。この度合いは5~7歳の子どもを持つ親では2倍以上となった。

次ページ女性の「大量飲酒」の日数は前年比41%増加
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT