「減酒」に成功した人が教える具体的な減らし方

女性や子どもがいる人の飲酒量が増えている

新型コロナ後、増えてしまった飲飲酒量を減らすにはどうしたらいいのか(写真:PIXTA)

フロリダ在住の51歳のパラリーガル、アンドレア・カーボーンさんは、これまでの人生でそれほどお酒を飲むほうではなかった。しかし、新型コロナウイルスの流行後、仕事や健康、子どもたちの安全についてしょっちゅう悩むようになった。

昨年は多くの人が自宅で仕事をするようになった一方、カーボーンは出社を強いられた。いわく「まるでゴーストタウンのよう」に見えたタンパのダウンタウンの職場に向かい、がら空きとなった道路を車で走りながら泣いた朝も何度かあったという。

1日グラス1杯からボトル1本に

カーボーンのストレスレベルが急上昇するとともに、飲酒の量も増えた。コロナ以前、カーボーンは夕食をとりながら赤ワインをグラス1杯飲むのがつねだった。しかし5月になると、飲酒量は著しく増えた。

「帰宅してワインを1杯、それから夕食時に1杯、その後座ってテレビを見ながらまた1、2杯飲んでいる自分に気づいた」とカーボーンは言う。「夜の終わりにはボトルを1本空けていた」。

これはけっしてカーボーンにかぎった話ではない。コロナ、市民生活の不安、政治の混乱といった昨年の一連の怒涛のような出来事にまつわる恐怖心、いらだち、社会的孤立が蔓延したことでストレスレベルが急上昇し、多くの人は飲酒量が増えた。

女性や小さな子どもを持つ親が、とくに大きな打撃を受けたようだ。アメリカ心理学協会が2月に実施した調査によると、大人の4人に1人が昨年はストレスに対処するため飲酒の量が増えたと答えている。この度合いは5~7歳の子どもを持つ親では2倍以上となった。

次ページ女性の「大量飲酒」の日数は前年比41%増加
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT