マネジャーがリーダーシップの邪魔をする理由

ビジョンなき大人が子どもの無力感を作り出す

一方、リーダーというのは、将来に直面する問題と向かうべき方向を示していくのが、その役割だ。前例なき不確実な環境の下で、問題をいち早く発見し、将来の方向を定めて、可能性を広げていくこと。そして、将来像の実現に向けて、メンバーが自発的に取り組んでいけるよう、陰日向に影響をもたらすことが大事だ。

要するに、業務をきっちりと正しく実行するのがマネジャーの役割であり、リーダーの役割は、何が正しいことなのか、組織としてなにを求めていくのか、その方向を定めることなのである。

本来であれば、組織のリーダーはリーダーシップを軸にして選んでいかなければならない。マネジャーにリーダーシップを期待するのではなく、マネジャーの中から、これまでの実績やマネジメントの能力ではなく、リーダーシップをメインに決めるのがよい。

けれど、そもそもリーダーシップは見えない。リーダーシップは海外の発想であり、自生しない。その証拠に、いまでもカタカナ語が使われている。ごはんと味噌汁に慣れているわれわれにとっては、なかなか腹落ちしないものだ。

だから今、東洋の視点から、日本的なリーダーシップを考え直していかなければならない。

こころが動けば

リーダーは未来への関心を持つ。組織や社会の未来のありようを、頭の中にくっきりと描くことができる。まるで、水晶玉を前にした占い師のように。そして、思い描いた未来像をビジョンとして、言葉や絵や数字を使って、人々のこころの中にしっかりと伝える能力を持つ。

その未来は、ファンタジーアニメにあるような、ハラハラする危険に満ちたディストピア(暗黒郷)ではない。多くの人を引きつけて止まない、ワクワクするポジティブな将来像である。

福島県のJヴィレッジで復興五輪のための聖火リレーがスタートし、「日本全国に1つひとつ希望を灯し、暗闇の先の一筋の光として、希望の道をつないでいく」と、オリンピック組織委員会の橋本会長が語った。どことなく来賓の挨拶のようで、具体感を持たない希望はむなしく響く。

ビジョンというのは、リーダーの頭のなかで夢想された、独りよがりの思惑ではない。利他的で社会性を持ってこそ、ビジョンたりえる。そして、フォロワーの頭の中で、ありありとしたイメージを結ばなければ意味がない。

スピーチライターが作った当たり障りのない言葉や一般論ではなく、リーダー自らの言葉で語らなければ、こころに届くことはない。周りに伝わり共感されてはじめて、ビジョンに変わるのだ。

次ページあるべきリーダーの姿とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT