マネジャーがリーダーシップの邪魔をする理由

ビジョンなき大人が子どもの無力感を作り出す

リーダーはいるのに、リーダーシップがない……ふつうの人でもリーダーシップを持つにはどうすればいのでしょうか(写真:yongshan/PIXTA)
リーダーシップの不在が、日本が直面する課題である。リーダーはいるのに、リーダーシップがない。もともとリーダーシップの考え方は、アメリカから持ち込まれたもので、わが国の土壌では、自生しにくいものだと思われている。しかし、組織で生きていく私たちにとって、リーダーシップは必要だ。とくに、環境の変化が激しく、先行きが見えないゆえ、変化と風を吹き込む存在が不可欠なのである。
といっても、日本人にとって、リーダーシップの考え方はまだまだしっくりこないのも現実である。ふつうの人でもリーダーシップを持つにはどうすればよいか?
こうした問題意識をもとに、このたび『ゼロから考えるリーダーシップ』を上梓した経営組織研究の第一人者である髙橋潔氏が、昨今のニュースやアンケート調査を題材に、リーダーとビジョンについて解説する。

謙虚さと自己主張

2021年3月、バイデン政権の閣僚ブリンケン国務長官とオースティン国防長官が、わが国を表敬訪問したときのこと。菅総理が、オースティン国防長官に向かってお辞儀をしている写真が、世界中を駆け廻った(「Biden’s Blitzkrieg Diplomacy is all about China」 Asia Times 2021年3月21日)。

『ゼロから考えるリーダーシップ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

物腰は柔らかいが、大柄なオースティン長官に、制服組トップの独特な威圧感を感じたのか。日本人特有の丁寧さや謙虚さを示すためなのか。それとも、外国メディアのたくらみか。

まるで天皇陛下に謁見するように、権威に対して畏敬しているように見える首相。政権に忖度したためか、わが国のマスコミではあまり報道されることはない。しかし、これを目にした欧米や中国のメディアは、わが国のリーダーの姿に失笑を禁じえず、日本の立場を再確認した。国家としては独立しているが、精神としてはいまだに占領されたままにあるようだ。

フォロワーでいることは、スネ夫のポジションであっても、けっこう心地良い。

同じ日に、日米外務・防衛閣僚会議が開かれた。茂木外相は、会談後に、安全保障の面で中国を名指しして批判を行った。アメリカの後ろ盾を借りた共同声明という形で、ペーパーを間違えないように読みながら。トラの威を借るキツネか、オオカミの遠吠えか?

次ページ「内弁慶の外地蔵」のように
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT