マネジャーがリーダーシップの邪魔をする理由

ビジョンなき大人が子どもの無力感を作り出す

ビジョンとして語られる未来像は、現状の延長としての事業計画だったり、義務と責任を伴う必達目標でもない。決して数字や計画ではないし、また、「べき論」で語られる理念や道理でもない。計画や目標はマネジャーの守備範囲だ。

リーダーは、前例やこれまでの経緯ではなく、何よりも未来に目を向ける。未来は過去の延長にない。過去から推論して理性的に考えても、未来はわからない。過去の成功にとらわれたり、データという過去の積上げから論理的に考察しても、できない言い訳ばかりになってしまう。

ルールもいらない。理想の姿を実現するのに、過去に作られたルールは自分を縛ってしまうからだ。

人を引きつけるビジョンを描き、それを人々のこころに届けて、ワクワクさせていくことが、リーダーの使命である。マネジャーのように、命令してもダメ。こころが躍るような未来を描いてみせ、みんなの努力が自然に集まるようでなければならない。

指示命令ではなく、ビジョンを通して周りを巻き込み、その実現に向けてメンバーの努力を結集する。それがリーダーの姿である。

将来の夢は会社員?

第一生命が、小中高生の「将来なりたい職業」2020年度のランキングを発表した(「第32回『大人になったらなりたいもの』調査結果を発表」第一生命保険ニュースリリース 2021年3月17日)。その結果は、男子の小中高生と女子の中高生のいずれも、なりたい職業のトップが「会社員」である。

それって、どういうこと? 仕事があって食っていけることを望む途上国のことかと、勘違いした人もいるかもしれない。青少年がこんな将来しか描けない国も珍しい。

「在宅勤務が広がり、自宅で仕事をする親の姿を身近に感じた子どもが多かった」と、同社は分析しているが、夢を持たないで生きている大人が、周りに多すぎる。大人が夢に向かってはつらつとした姿を見せられないから、無力感が伝播する。

そんな現状にNOを言うには、一人ひとりの大人自身が、ビジョンを描いている姿を見せなければならない。

「ガンダムファクトリーヨコハマ」では、実物大の動くガンダムをつくるというプロジェクトが実現した。缶コーヒー「ジョージア」のCMにもなった実話である。山田孝之が演じるプロジェクトリーダーは言う。

「動いたのはガンダムじゃありません。動いたのは、みんなのこころです」

ビジョンが人を動かし、未来を創る。これからの経済を回していくのはお金ではない。人間の心理なのである。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT