ぼんやりの時間 辰濃和男著

ぼんやりの時間 辰濃和男著

ジャーナリストである著者は、何かと忙しい現代人の生活が人心を荒廃させているとし、“ぼんやり”と過ごす時間の大切さを説く。そして、さまざまな先人の生き方から、「ぼんやりすること、休むこと、懶惰(らんだ)であること、閑なこと、それらをたのしむことのすばらしさ」を学ぼうとする。登場するのは、串田孫一、H・D・ソロー、深沢一郎、ミハエル・エンデ、ターシャ・テューダーなどなど。

同時に、ぼんやりを追求することは、近代文明への警鐘にもつながっていく。近代化と都市化は私たちの暮らしを便利にはしたが、はたして豊かにしたか。少なくとも急速に地球環境を破壊したことだけは事実であると。優れた文明論としても読める。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT