ぼんやりの時間 辰濃和男著

ぼんやりの時間 辰濃和男著

ジャーナリストである著者は、何かと忙しい現代人の生活が人心を荒廃させているとし、“ぼんやり”と過ごす時間の大切さを説く。そして、さまざまな先人の生き方から、「ぼんやりすること、休むこと、懶惰(らんだ)であること、閑なこと、それらをたのしむことのすばらしさ」を学ぼうとする。登場するのは、串田孫一、H・D・ソロー、深沢一郎、ミハエル・エンデ、ターシャ・テューダーなどなど。

同時に、ぼんやりを追求することは、近代文明への警鐘にもつながっていく。近代化と都市化は私たちの暮らしを便利にはしたが、はたして豊かにしたか。少なくとも急速に地球環境を破壊したことだけは事実であると。優れた文明論としても読める。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT