村人の城・戦国大名の城 北条氏照の領国支配と城郭 中田正光著

村人の城・戦国大名の城 北条氏照の領国支配と城郭 中田正光著

東京都の多摩から埼玉県の秩父にかけて、大小多くの山城が点在していたのをご存じだろうか。40年来の城郭研究家の著者によると、中でも八王子の滝山城は、全国で5本の指に入る優れた中世の名城だという。

滝山城は戦国大名北条氏照(早雲から数えて3代目の3男)の居城だった。北条氏の本城・小田原に対して、「第2の本城」として優れた縄張りなど築城技術が投入された。城下にはしだいに宿や市が形成されていくことに。

「滝の城」「境目の城」「食糧備蓄や民衆の緊急避難の場としての城」……。戦国大名と村人との関係ほか薀蓄(うんちく)豊富。歴史探検好きにはたまらない。洋泉社が刊行を始めた歴史新シリーズの一冊。

洋泉社歴史新書y 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT