JPモルガンが課題山積の新興国通貨を売り推奨

米国債利回り上昇で新興国の借入コストも増大

新興国通貨の見通しが一段と暗くなりつつあるとJPモルガン・チェースはみている。

ストラテジストのジョナサン・グールデン、サード・シディキ両氏は新興国通貨を「アンダーウエート」に引き下げることを推奨した。その理由の1つとしてウクライナを巡るロシアの緊張を挙げた。またトルコやブラジルの国内政策のほか、中国の成長鈍化や資金流入の伸び悩みも新興国通貨の試練だと言及した。

ドルが今年に入って回復していることも影響しており、ブルームバーグが追跡する24の新興国通貨のうち22通貨が下げる要因となった。米国債利回り上昇も新興国の借り入れコスト増大につながり、国内債券相場を押し下げている。年初来のマイナスはナイジェリアで24%、トルコは16%、ブラジルで13%に達する。

両氏は電子メールで配布したリポートで「新興国の国内リスクは徐々に変化してきている」と指摘。「新興国通貨は現行の為替相場と金利水準のどちらからでも資金を呼び込みにくいだろう」と分析した。

原題:JPMorgan Flags Geopolitics as Reason to Sell Emerging Markets(抜粋)

著者:Selcuk Gokoluk

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT