JPモルガンが課題山積の新興国通貨を売り推奨

米国債利回り上昇で新興国の借入コストも増大

新興国通貨の見通しが一段と暗くなりつつあるとJPモルガン・チェースはみている。

ストラテジストのジョナサン・グールデン、サード・シディキ両氏は新興国通貨を「アンダーウエート」に引き下げることを推奨した。その理由の1つとしてウクライナを巡るロシアの緊張を挙げた。またトルコやブラジルの国内政策のほか、中国の成長鈍化や資金流入の伸び悩みも新興国通貨の試練だと言及した。

ドルが今年に入って回復していることも影響しており、ブルームバーグが追跡する24の新興国通貨のうち22通貨が下げる要因となった。米国債利回り上昇も新興国の借り入れコスト増大につながり、国内債券相場を押し下げている。年初来のマイナスはナイジェリアで24%、トルコは16%、ブラジルで13%に達する。

両氏は電子メールで配布したリポートで「新興国の国内リスクは徐々に変化してきている」と指摘。「新興国通貨は現行の為替相場と金利水準のどちらからでも資金を呼び込みにくいだろう」と分析した。

原題:JPMorgan Flags Geopolitics as Reason to Sell Emerging Markets(抜粋)

著者:Selcuk Gokoluk

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT