世界が認めた日本人ダンサーに学ぶ逆境克服法

クリス・ブラウンとも共演するRIEHATAの信念

ダンサー、振付師として世界を股にかけて活躍するRIEHATAさん(写真:toki)
アメリカの著名アーティストであるクリス・ブラウンやレディー・ガガのダンサーとして世界から注目され、BTS、TWICE、EXILEなど国内外のトップアーティストからは振付師として信頼されるRIEHATA(リエハタ)さん。そのキャリアは最初から順風満帆だったわけではありません。どうやって逆境を克服してきたのでしょうか。そのノウハウをお届けします。
※本稿はRIEHATAさんの新著『逆境モチベQUEEN ダンスで世界を変えた人生サバイブ術』から一部抜粋・再構成したものです。

日記を書くことで解決策を見出した

中学卒業後、ダンスを学ぶために、高校に進学しないでロサンゼルス(LA)に行くことを決意しました。2~3カ月バイトしてお金を貯め、LAに住んでいた従兄の家に3カ月間ホームステイする……という生活を繰り返すことになるのですが、ダンス留学というにはほど遠く、シンデレラのように地味な日々でした。

ホームステイ先に少しでも気に入られるよう、掃除や皿洗いを手伝って、一生懸命英語で会話をする毎日。ただ、最低限の日常会話しかしゃべれないから、言いたいことを伝えられないストレスで、孤独感やイライラはつのるばかり。

LAに行けば本場のダンスに触れられると思っていたのに、そこはLAの中心部から車で1時間以上かかる田舎町。時々従兄が、地元の中学や高校のダンス大会に連れていってくれたりはするものの、家事の手伝いをする以外は、ほとんど部屋に引きこもっていました。

2回目に行ったとき、さすがにこのままではヤバいと思い、何かできることはないかと考えて日記を書くことにしました。振り返ってみると、日記を書くことで自ずと解決策を見出すことができたと思います。

そのとき自分が置かれている状況を冷静に考えてみると、ダンススタジオに行きたいのに行けない、周りには何もない。だからといって、悲しんでいるだけじゃ能がない。

この状況で自分に何ができるか探してみようと、日記を書きながら頭の中がだんだん整理されていくのを感じていました。そこで、日記を「夢ノート」と名づけ、毎日目標を書くようにしたんです。

次ページ1日の初めに、その日の目標を決める
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT