世界が認めた日本人ダンサーに学ぶ逆境克服法

クリス・ブラウンとも共演するRIEHATAの信念

この方法は、本を読んで参考にしたわけでも人から言われたわけでもない。いわば孤独が生み出したサバイブ術ですね。あまりに孤独すぎたから、神経がとぎ澄まされ、頭もさえたのかもしれない。

徹底的に自分と向き合っていたら、もう1人の自分が、「自力でアクションを起こさないとダメだ」と教えてくれた。人から与えられるのを待って、受け身になっているだけでは、挑戦しようという気持ちにならなかったでしょうね。

もちろん自分の力だけでここまで来られたわけではないけれど、いちばん大切なのは、自分で考え、自分で決断し、自分で生み出すことなんだと確信しています。

自分の支えになっているエジソンの言葉

いつも現状に満足できない。もっと上手く踊れるんじゃないか、もっとカッコいい振付があるんじゃないかって、常にもっと上を目指しています。自分自身に対して、究極の負けず嫌いなんでしょうね。

自分が発信するすべてに対して、ものすごくストイックになっています。そんな自分の支えになっている言葉があります。

There is always a better way.

発明王であるトーマス・エジソンの名言だそうです。この言葉をモットーに、「絶対にもっとよい道がある」と、いつも考えるようにしています。挫折しても、もうダメだというときでも、「絶対に1%でも可能性があるはず」と信じて、新たな道を探すのが好き。落ち込むだけ落ち込んで、「ああ、もう本当に無理だ」ってあきらめそうになっているときでさえ、サプライズを探しておもしろがっている自分がどこかに必ずいます。

人を驚かせたい、楽しませたいと思うことって、裏返せば自分が楽しみたい、いつもワクワクしていたいということに行き着く。これは、エンタメ病かもしれません。ただし、自分が楽しめるようになるまでには、相当な努力が必要です。結局、簡単な道ではないんですけどね。

でも、どんなに険しくても、必ずどこかに道はある。その道を探す気がない人には見えないけど、あきらめずに探し続ければ見つけられるというのが、自分の中の絶対的な法則です。ダンスに限らず、全部ですね。

失恋したり、人間関係が壊れちゃったりしたとき、家族とケンカしたとき、大切な物を失ったとき。どんなときでも、絶対どこかにもっと素敵な道が待っていると信じていれば、きっと見つかるはずです。

次ページあきらめそうになったことは何度もある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT