中国スマホ「シャオミ」、半導体不足が業績直撃

2020年10~12月期はアナリスト予想に届かず

世界的な半導体不足の影響が、中国のスマホ大手の業績に表れ始めた。写真は2020年12月、新型スマホを発表するシャオミ創業者の雷軍氏(同社ウェブサイトより)

中国のスマートフォン大手の小米(シャオミ)は3月24日、2020年10~12月期の四半期決算および2020年の通期決算を発表した。

10~12月期の売上高は704億6200万元(約1兆1753億円)と、前年同期比では24.8%増加したものの、直前の7~9月期との比較では2.4%減少した。また、調整後純利益は32億400万元(約534億円)と、前年同期比では36.7%増加したが7~9月期より22.4%減少した。

この業績はアナリストの事前予想を下回るものだった。例えば投資銀行大手の中国国際金融(CICC)は、シャオミの10~12月期の売上高を730億元(約1兆2176億円)と予測していた。

伸び悩みの最大の原因は、半導体の供給不足でスマホの生産が制約を受けたことだ。決算報告書によれば、10~12月期のシャオミのスマホ出荷台数は4230万台と、クリスマス・シーズンの書き入れ時にもかかわらず7~9月期より9.2%減ってしまった。

スマホ1台当たりの平均価格は上昇

「半導体不足は世界的な問題であり、当社は2020年10~12月期から深刻な供給不足に直面している」。シャオミの総裁(社長に相当)を務める王翔氏は、決算説明会でそう語った。しかし王氏によれば、シャオミは部品サプライヤーと協力して対策を講じつつあり、2021年1~3月期には成長の遅れを取り戻すという。

なお通期決算では、2020年の売上高は2459億元(約4兆1016億円)と前年比19.4%増加、調整後の純利益は130億元(約2168億円)と12.8%増加した。同年のスマホ出荷台数は1億4700万台に達し、前年比17.5%の伸びを記録した。

注目すべきは、スマホの1台当たり平均価格が1040元(約1万7347円)と、2019年より6.1%上昇したことだ。価格の高いハイエンド機種の販売が増えたことによるもので、決算報告書によれば、メーカー希望価格が中国国内で3000元(約5万円)以上、海外で300ユーロ(約3万9000円)以上のスマホの販売台数は約1000万台に達した。

本記事は「財新」の提供記事です

もっとも、シャオミがハイエンド機種の販売を伸ばせたのは、中国のスマホ最大手の華為技術(ファーウェイ)がハイエンド市場でシェアを落とした恩恵が大きい。

ファーウェイはアメリカ政府の制裁のために半導体の調達が困難になり、2020年9月以降、スマホの出荷台数が急減した。そのため生じた市場の空白を埋める形で、2番手グループのシャオミやOPPO(オッポ)などがシェアを伸ばした格好だ。

(財新記者:屈慧)
※原文の配信は3月24日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT