ファーウェイから独立の「栄耀」初の新製品発表

中級機に続いてハイエンド旗艦スマホを投入へ

栄耀はクアルコム製SoCを採用したハイエンド旗艦スマホの開発を宣言した。写真は1月22日に開催した新製品発表会(栄耀のウェブサイトより)

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の元サブブランドで、2020年11月に分離独立した「栄耀(Honor)」は1月22日、独立後初めての新製品発表会を開催した。

この日お披露目した新型スマートフォン「V40」は、画面に6.7インチの有機ELパネルを採用し、心臓部のSoC(訳注:システムオンチップの略称。CPUや通信モデムなどの基幹機能を1つのチップにまとめたもの)に台湾の聯発科技(メディアテック)製の「天璣1000+(プラス)」を搭載する中級機だ。価格はストレージ容量が256ギガバイトの上位モデルが3999元(約6万4000円)、同128ギガバイトの下位モデルが3599元(約5万7600円)となっている。

独立以前の栄耀は、ファーウェイブランドのハイエンド機種との競合を避けるため、主に若者向けの中低価格帯のスマホに特化していた。独立後はこのすみ分けが不要になったことから、栄耀の端末部門のCEO(最高経営責任者)を務める趙明氏は、今回の発表会で「われわれ独自のハイエンドの旗艦スマホを作り上げる」と宣言した。

主要な部品サプライヤーとすでに契約

趙氏によれば、栄耀の旗艦スマホはアメリカのクアルコム製のSoCをベースに開発される。しかし投入時期については明らかにしなかった。

なお、財新記者が栄耀の複数の関係者から得た情報によれば、クアルコム製SoCを搭載するハイエンド機種はすでに開発が進んでおり、2021年5~6月頃に発売される見込みだという。

独立後の栄耀にとって喫緊の課題になっていたのが、安定した部品調達ネットワークの再構築だ。アメリカ政府の制裁により、ファーウェイは半導体の調達が困難になっている。栄耀はファーウェイのサプライチェーンには頼れず、自前の調達網を持たなければならないからだ。

本記事は「財新」の提供記事です

だが趙氏によれば、ファーウェイのコンシューマー製品部門のCOO(最高執行責任者)から栄耀の会長に転じた万飆氏の奔走により、すでに主要な部品サプライヤーのほとんどと契約を交わすことができたという。

それらのなかにはクアルコム、メディアテック、マイクロン・テクノロジー、サムスン電子、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)、インテル、マイクロソフトなどが含まれている。

(財新記者:何書静)
※原文の配信は1月22日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT