「夢の田舎暮らし」に立ちはだかる思いがけぬ壁

漫画「ぼっちぼち村」(第3話)

家庭菜園を始めるにも、実は高いハードルが存在する──

週刊誌のムチャぶりで、生まれも育ちも東京のアラフォー漫画家が田舎で農業に挑戦──。

『ぼっちぼち村(1)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

漫画で食べていけなくても、農業で食べていければと考えていたが、数年経っても農業での年収は10万円にも満たない。精魂込めて、作物を育てて、収穫しても、買い叩かれるだけ。せめて自給自足の生活ができるようになればと目指すものの……。

移住先では人間関係のトラブルで3度も引っ越す。コミュニケーション能力が求められるのは田舎も同じ。都会で生きづらい人は、田舎でも生きづらい。

いまはコロナ下で地方移住の人気も高まっている。しかし、家庭菜園用に畑を借りるだけでも、実は農地法によって一苦労だ。なぜ地方移住、新規就農を成功させるのはこれほどハードルが高いのか?

『週刊SPA!』誌上で、淡々と田舎のリアルを描き、“SPA!の良心”と呼ばれる農業エッセイ漫画『ぼっちぼち村』(扶桑社)。田舎暮らしの先駆者の葛藤を一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(3ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT