50歳目前で「田舎に逃げた人」が畑で動揺した訳

漫画「ボクらはみんな生きてゆく!」(第2話)

はたして主人公は、鹿を仕留めることができるのか……

この記事の画像を見る(21枚)

上京してマンガ家のアシスタントやイラストレーターの仕事をしながら、いくつか自らの連載作品を世に問うも、ヒット作が出ないーー。

『ボクらはみんな生きてゆく!』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

そんな生活に心身も、また経済的にも疲れてしまった主人公は、実家のある山あいの村に戻って生活することを決める。

そこは、街から車で小一時間、田畑と山と川に囲まれたのどかな地。しかし久しぶりに帰るとどうも様子が違う。ところどころ破れた柵に村が囲まれているのだ。

実はその柵、山から頻繁に来る獣たちから集落を守っているのだった――。

そして実家に住んでも、思うほど生活はラクにはならない。健康保険や国民年金、ガソリン代などなどが必要で、一定の現金収入を得なくてはならない。

自給自足をしようにも、野菜や山菜のほかに、タンパク源も得なくてはならない。そこで主人公は、身近にやってくる鹿や猪を食べることにするのだが――。

そうした村での生活を描く『ボクらはみんな生きてゆく!』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

獲物

©アキヤマヒデキ/小学館
次ページ7年ぶりの帰郷
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT