三菱商事「ベトナム石炭火力」をめぐるジレンマ

投資家から厳しい視線、大手商社「脱炭素」へ

三菱商事の中西常務は、「日本で発電コストも含めた結果を出し、ブンアン2を含めたアジアに移植できれば理想的」とフリーアンモニアの活用に意欲をみせる。三菱商事の発電容量に占める石炭火力の割合は約1割。海外の石炭火力持分容量は35.3万キロワット(2020年12月末)にすぎない。

丸紅の石炭火力持分容量が約260万キロワット(2021年3月現在)と比べて小さいが、政府が掲げるカーボンニュートラルの方針も考慮し、「(2050年には)石炭火力発電所の持分をゼロにしたい」(中西常務)と考えている。

丸紅や伊藤忠も「脱炭素」へ加速

三菱商事以外の大手商社も「脱炭素」の動きを加速させている。丸紅は3月9日、温室効果ガス(GHG)排出ネットゼロを目指す「気候変動長期ビジョン」を公表した。出資参画する石炭火力発電事業の売却などを通じて持分容量の大幅な削減を図る。2025年には発電容量を半減させ、2050年までにゼロにする方針だ。

伊藤忠商事も新規の石炭火力プロジェクトには取り組まない方針を掲げる。事業計画を進めていたインドネシア・中部ジャワ州の石炭火力発電所は2021年度中に運転を開始する。

同社の鉢村剛CFO(最高財務責任者)は「(石炭火力には)GHG排出の問題があることを認識しているものの、商人としていったん約束したものを反故にすることはできない」と話し、プロジェクトを継続する方針を示した。

石炭火力事業を推進する企業に対する投資家の視線は年々厳しさを増している。世界最大の資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは2021年1月に投資先企業の経営者に送付した書簡を公表。この中で、「(2050年のCO2排出量ネットゼロに向けた)準備が迅速にできない企業は事業面が芳しくなく、企業価値も低迷することになる」と警鐘を鳴らした。

三菱商事の垣内威彦社長は2021年の年頭あいさつで、「(エネルギーの)安定供給という責任を全うしながら、並行してCO2削減という社会問題を解決していく」との方針を示した。同社は2021年度中に脱炭素が求められる社会でどのようにエネルギー関連事業を展開するか、具体的な指針を公表する予定だ。

脱炭素時代に三菱商事が適応できるか否かが問われている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT