まだ「スキルアップに囚われる人」の残念な未来

「ポジション思考」に転換すべき深い理由

「ポジション思考」に切り替えて、転職に成功しよう(写真:tomcat/PIXTA)
世の中で転職を考えている人の中には、やみくもにスキルをつけてキャリアアップを狙っている人がいます。しかし、ただやみくもにスキルを身につけても、結局自分の市場価値は上がらす、望みどおりの転職ができないということになりかねません。

新時代にこのような「スキル思考」に代わる考え方となるのは「ポジション思考」です。ポジション思考とは、目指すポジション、すなわち役割を明確化して考えることです──。

転職2.0』の著者であり、アメリカ・人材系ビジネスの最前線企業・リンクトイン日本代表の村上臣氏はそう言います。「キャリアのオピニオンリーダー」として活躍する同氏に「ポジション思考」とは何かを聞きました。

我慢しながら働くことになる理由

世の中で転職を考えている人の中には、やみくもにスキルをつけてキャリアアップを狙っている人がいます。やる気だけを原動力に、とりあえず英会話スクールに通ってみたり、社会人大学・大学院に通ってみたりするようなパターンです。

もちろん英語を習得したり、MBAを取得したりすることには大きな意味があります。しかし、目的がなく行動するのは問題があります。わかりやすく極端な例を挙げれば、国内に閉じている業種・業界でのキャリアアップを狙う場合、英語ができてもあまり有利にはなりません。

ただやみくもにスキルを身につけても、結局自分の市場価値は上がらす、望みどおりの転職ができないということになりかねないのです。

そもそも、転職に際して、なぜ多くの人がスキル思考に執着しているのかというと、会社でやるべき仕事が不明瞭だからです。

総合職とは、平たく言えば「どんな仕事でも言われたことはやる」ということ。そこで「能力」とされるのは課題遂行能力、職務遂行能力であり、実態は漠然としています。

仕事の内容が漠然としていると、成果も判断しにくくなります。だから多くの会社では、年次や経歴の長さに応じて昇進や昇給が決定されているのです。

「君もそろそろ○年目だから、ここで課長になったほうがいいだろう」
「5人の部下を抱えて3年目になったから、もう1段ステップアップしていい頃合いだ」

次ページ日本の「終身雇用」の維持はより困難に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT