世界最恐の陸生動物「ラーテル」の正体【動画】

5分動画で解説、なぜ絶対に出会いたくないのか

みなさんが学校で習ったことは、本当に正しかったのでしょうか?

サバンナやジャングルで絶対に出会いたくないヤツ

オトナになるまでなんとなく思い込んでいたけれど、真実はまったく違った! ということは意外と多いものです。

サバンナやジャングルで絶対に出会いたくないヤツは多い。

『頭のいい人のセンスが身につく 世界の教養大全』(マガジンハウス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

その中でも最恐なのが「ラーテル」(学名メリヴォラカペンシス=Mellivora capensis、別名ミツアナグマ)です。

アナグマのようなこの生物のいったい何がそんなにも恐ろしいのか。

今回は『頭のいい人のセンスが身につく 世界の教養大全』から2021年1月19日に配信して大きな反響を呼んだ「世界で最も恐ろしい陸生動物『ラーテル』の正体」を基にラーテルのヤバさを5分動画で解説しています。

詳しくは動画をご覧ください(※再生の際には音量等にお気を付けください)

このツチブタのような動物がなぜ恐ろしいのか(写真:PACO COMO/PIXTA)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT