世界最恐の陸生動物「ラーテル」の正体【動画】 5分動画で解説、なぜ絶対に出会いたくないのか

拡大
縮小

みなさんが学校で習ったことは、本当に正しかったのでしょうか?

サバンナやジャングルで絶対に出会いたくないヤツ

オトナになるまでなんとなく思い込んでいたけれど、真実はまったく違った! ということは意外と多いものです。

サバンナやジャングルで絶対に出会いたくないヤツは多い。

『頭のいい人のセンスが身につく 世界の教養大全』(マガジンハウス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

その中でも最恐なのが「ラーテル」(学名メリヴォラカペンシス=Mellivora capensis、別名ミツアナグマ)です。

アナグマのようなこの生物のいったい何がそんなにも恐ろしいのか。

今回は『頭のいい人のセンスが身につく 世界の教養大全』から2021年1月19日に配信して大きな反響を呼んだ「世界で最も恐ろしい陸生動物『ラーテル』の正体」を基にラーテルのヤバさを5分動画で解説しています。

詳しくは動画をご覧ください(※再生の際には音量等にお気を付けください)

このツチブタのような動物がなぜ恐ろしいのか(写真:PACO COMO/PIXTA)
東洋経済オンライン編集部

ベテランから若手まで個性的な部員がそろう編集部。編集作業が中心だが、もちろん取材もこなします(画像はイメージです)

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT