ブラピ映画で脚光「野球の統計学」常識覆す凄さ

新たな戦い方をもたらした分析手法を解説

ここでは、野球における得点期待値の考え方からセイバーメトリクスの理解を深めていこう。データの出所は野球のデータ分析を行うDELTA(デルタ)だ。2019年のNPBでは、ワンアウト1塁という状況が4550回あり、その回終了までに2355得点が入った。ある機会に対して、実際に何点入ったかを見るのが得点期待値なので、この場合2355得点÷4550機会=0.518得点が得点期待値となる。

2019年のNPBのデータを基にあるケースについて考えてみたい。

2019年NPBの全24種類の状況における得点期待値(画像提供:東洋館出版社)

例えば、ノーアウトランナー2塁という状況における得点期待値は1.080点だ。ここでヒットが出ればランナーが返り1点を取ることができ、ノーアウトランナー1塁の状況となる。ノーアウトランナー1塁の得点期待値は0.842なので、元の得点期待値1.080から0.238減ったことになる。しかし、ヒットのおかげですでに1点獲得することができている。

つまり、ノーアウトランナー2塁という状況で打たれたヒットは得点期待値をマイナス0.238点下げたが、実際に得点1を獲得したので-0.238点+1=0.762点分得点期待値をあげたことになる。

一方、送りバントをすると2塁ランナーが3塁に進塁し、ワンアウトランナー3塁になる。ワンアウトランナー3塁の得点期待値は1.005なので0.075(1.080-1.005)点分の得点期待値が下がってしまうことになる。ヒットと比較するとヒットの得点期待値のほうが0.687点(0.762点-0.075点)送りバントより高いことになる。

送りバントがあまり評価されない理由

セイバーメトリクスでは、送りバントというプレーがあまり評価されていない。それは、この例の通り、アウトと引き換えに塁を進めても得点期待値は下がってしまうという合理的な理由があるからだ。

この結果は平均的な打者が打席に立った場合のことなので、打つのが苦手な投手が打席に立ったときはアウトになる可能性が高まり、送りバントのほうが効果的だと言う人がいるかもしれない。しかし、打率1割3厘以上の成績をあげている選手であれば、ヒットを狙うほうが有効だという統計結果が出ている。

ロジックを元に話をすると、「それならばこういうケースはどうなの?」と反論する野球ファンは必ずいる。データと現実を比較しながら議論できるのが野球の面白さのひとつだ。セイバーメトリクスは、そうした議論に対して必ずしも正解を持っているわけではない。

しかし、議論が起きたときにデータを基にした根拠を示すことで「なるほど」と思わせるような合理的な考え方を用意している。

次ページ野球の新しい楽しみ方が広がった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT