西武ライオンズ「ドーム改修」で大胆な変貌の訳

野球観戦の楽しさだけではない施設の魅力演出

こうした「野球周辺のアミューズメント、ファッションの充実」は、何を目的としているのか。

筆者は「西武を応援したいから西武鉄道沿線に住んでいる」というファンを何人も知っているが、ライオンズは、このような地元中心の熱烈なファン層によって支えられてきた。彼らがヘビーユーザー、リピーターとなることで固定客を獲得してきた。

しかし、固定客は年々高齢化する。さらに既存の顧客層には新型コロナ禍の経済的な影響が及ぶことも考えられる。そんな状況では、新規顧客、とりわけ将来につながる若年層の顧客の獲得は、重要な課題だった。

大型遊戯施設やトレイン広場、ショップの充実は、野球にそれほど興味がない子どもや女性が、家族連れで来場して楽しい時間を過ごすことで「西武ファン」へと育つことを考えた次世代戦略であるといえよう。

他球団でもこうした試みは行われているが、西武グループは西武球場前駅周辺に広大な土地を有しているので、思い切った増設、改修が容易だったのだ。

12球団唯一の「芝生席」は姿を消した

球場内に目を転じれば、昨年までと明らかに異なっているのが外野席だ。メットライフドームと言えば、ドーム球場になる前から「芝生」が名物だった。家族連れやグループ客が芝生にシートを敷いて思い思いのスタイルで観戦する姿が見られたものだ。

椅子席になった外野席(写真:筆者撮影)

しかし今回の改修で12球団唯一だった「芝生席」は姿を消して、すべて椅子の指定席になった。

芝生の時代は、チャンスが来ると立ち上がって応援するのがスタイルだったが、椅子席でもそれができるように椅子の設計に工夫が凝らされている。しかし「芝生で観戦」という伝統的なスタイルは一掃された。

さらに、ネット裏を中心にエグゼクティブシート、プレミアムシート、パーティテラスなどクッションのきいた豪華なシート席が多数新設された。

次ページ単なる「野球を観戦する」施設からの変貌
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT