「施設から自立する人」に送る専門家からの助言

施設出身者による「当事者活動」の何が問題か

(1)支援者自身に課題がある

当事者団体の主催者には元施設職員が運営しているものがいくつかあります。なぜでしょうか。それは「かわいそうな子どもをお世話する私ってすごいでしょ、みんな見て、私に注目して」という承認欲求のみで就職する人がいるからです。実際に仕事をすると子どもはかわいいときばかりではなく、ひどい悪態をついたりして職員がストレスを感じることは多いです。しかしそれを理解できずに、「私がこうやって頑張っているのに……」「施設が悪いんだ、社会が悪いんだ」と責任転嫁するのです。

過去記事(「被害者支援」を軽々しく口にする人たちの特徴)も見ていただきたいのですが、「熱意があり能力がない→実践してしまい悪影響を与える最も害悪」な事例になるのです。ほかの分野に行けばいいのに、「何もできない子どもを支援する私って素敵」の思想から脱却できず、かといって子ども領域で働くスキルもなく、社会を変えようと手っ取り早く支援者の立場になるのです。

「当事者を助けたい」という前にまず「あなた自身を助けましょう」という方が多すぎます。薬物プログラムでもよほど自分に向き合わないと到達しないし、苦しみながらも自分を振り返って乗り越えて、初めて支援者側に回ることができるのです。回復していない方が支援をしても、うまくいくはずがありません。

これら課題がある方の常套句は、「あなたは悪くない、施設が、児相が、社会が悪いんだ。一緒に社会を変えよう」です。

自分の体験を話すことが快感に

(2)過度な承認欲求依存とその影響

「すごい体験をしたんだね、ぜひお話聞かせて」。甘い言葉でトラウマや被害者支援のスキルがない人が心をえぐる体験を聞き出します。つい話してしまうと、賞賛の嵐を受け、快感になっていきます。はやし立てられて、話を盛る人も少なくありません。より注目されるよう話はどんどん過激になります。

またネットに自分の出自が許可なく掲載され、その後苦しむ人も少なくありません。支援団体はそのような方に寄り添って伴走するのではなく、また新たな当事者探しに向かいます。

またせっかく続けてきた仕事をやめて当事者活動を始める!という方も少なくありません。これが大きな課題になりつつあります。一時の高揚感で決定をし、当事者団体周りは称賛をする。うまくいけばいいのです。うまくいかないとき、周りはさっと引いていきます。頼みの綱の出身施設も、その施設を攻撃し続けていたあなたは足を運びにくくなり、孤立していきます。

次ページ「Clubhouse」を悪用する人も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT