カズオ・イシグロが語る「AIが生む哲学的格差」

人間が直面する雇用消滅の先にある大問題

カズオ・イシグロ氏が考えるAIが人類に突きつける新たな問題とは(写真:REUTERS)
人工知能(AI)の存在が「当たり前」になったとき、人々の暮らしや価値はどう変わるのか――。
イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏による長編小説『クララとお日さま』は、AIロボットであるクララが、ある秘密を抱える家族に購入されるところから始まる。一家の娘のジョジーの希望を叶えるべく奔走するクララの姿は献身的にも見え、従来の「人類 vs AI」という構図とは大きく異なる。しかし、物語の背景にはAIが浸透した世界で起きている厳しい現実も見え隠れする。
AIが社会の一部になることによる、本当の問題とは何なのか。イシグロ氏が語った。(前編:カズオ・イシグロ語る「感情優先社会」の危うさ)。

「AIが人類を支配する」ことは脅威ではない

――クララはAIロボットでありながら、彼女を購入した家族のためを考えて行動する、非常に優しさを感じさせる存在でした。特に小説や映画では、AIはどちらかというと人類にとっての脅威と描かれがちなので意外でした。

テクノロジーによって生まれる機会もあれば、危険もあります。今日のAIがどれだけパワフルか、私たちはいまひとつ認識していません。『クララとお日さま』は、サイエンスフィクションでも、将来の話でもなくて、今まさに起こりうることです。

私自身はAIがもたらす危険性や危機についての話には関心がなく、AIは人類に対する脅威だという話を書きたいとは思っていませんでした。

たしかにAIに対する根本的なおそれのようなものは人間にあるのでしょうが、私自身はAIを脅威には感じていません。危険もあるとは思いますが、今私たちが心配するべきは「AIが人類を支配する」ということではないと思います。

それよりも『クララとお日さま』の背景に感じられる、多くの人が仕事を失って、日々の生活を営むほど稼げなくなり、雇用が縮むレベルにまでAIが台頭するということのほうが、私たちが憂うべき事態なのではないでしょうか。そして、これは単に雇用が消える、というよりも大きな問題をはらんでいます。

次ページ働ける人と働けない人の格差ができる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT