マスク時代の会話「目線の工夫」取り入れるコツ

池上彰×佐藤優が語る「伝え方の極意」

池上:コロナが収束したのちも、部分的にリモートワークは根付いていくことになるでしょうね。ちなみにそのほかで、私がリモートで会話をする際に気をつけている点は、PCのカメラに目線が行くようにすることです。複数名での打ち合わせでは、PCのスクリーンに相手の顔がコマ割りで表示されるので、無意識のうちに話している相手のほうを見る。するとそのときの自分の様子は、相手の画面上では目をそらしているように映るのです。

佐藤:なるほど。リモートの場合、対面式の会話と同じ要領で画面に映る話者のほうを見てしまうと、かえって相手から目をそらして聞いているような格好になってしまうというのは、対面式のコミュニケーションでは起こりえなかったことですね。このような場合、どう対処したらいいと思いますか?

池上:たとえば、PC画面の上に打ち合わせ用の資料を置いて話す。相手の顔は見えにくくなりますが、こうするとPCのカメラに自然と目線が行きます。このようにちょっとしたコツを意識することで、相手に好印象を与えることができるのです。

リモートツール使い分けの極意

佐藤:リモートワークの普及に伴って、オンライン会議ツールの一般的なリテラシーも上がったのではないかと思います。いろいろなツールがありますが、池上さんはシチュエーションごとに使い分けをされていますか?

『伝え方の作法 どんな相手からも一目置かれる63の心得』 (SB新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

池上:私の場合は、大学の授業は基本的にZoomです。大学の大教室で「質問はありますか?」と聞いてもなかなか手が挙がらないのですが、Zoomのチャット欄だと質問しやすいようですね。授業中に質問が書き込まれたら「今、こういう質問があったので答えますね」ともっていくこともできるので、Zoomのチャット機能によって、より話し手と聞き手のやり取りが活発な授業が可能になっています。

佐藤:なるほど。テレビ関係の仕事の打ち合わせなどでは、どのようなツールを使っていらっしゃいますか?

池上:テレビ局との打ち合わせはTeamsかGoogle Meetですね。少人数の打ち合わせでSkypeを使ったこともありますし、佐藤さんとはFaceTimeでお話ししたこともありますよね。でも普段よく使うものというと、大学の授業はZoom、テレビ局ではTeamsという使い分けです。佐藤さんはいかがですか?

佐藤:私も大学関係は、大学側の指定でZoomを使っています。自分のゼミだけはTeamsを使っていますが、少人数ならば昔から使い慣れているSkypeを使うこともあります。FaceTimeもよく使います。Appleユーザー同士の閉鎖型ツールであり、セキュリティ関係で難しい設定をせずに、すぐに使えますから。

池上:簡易的なものはセキュリティ面が甘く、セキュリティ面で手堅いものは使いにくいという、バランスから判断して、用途次第で何を使うかを選ぶといいかもしれません。それと今、挙がったツールは、すべて画面共有できる。自分の手元で表示している資料を相手にも見せながら会話できるという機能は非常に便利ですよね。

佐藤:はい。巷にはいろいろなリモートツールが存在しますが、対人関係上の「あたりまえ」が激変する時代が到来しているなか、一人一人が使う場面に適したツールを選び、使いこなす、というのも大切な教養だと思います。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT