製造業向け「SaaS」でも中国テック企業が台頭

「黒湖智造」の資金調達にテマセクなど出資

黒湖智造は外資系大手の牙城である産業用ソフトウェアの市場に食い込もうとしている(写真は同社ウェブサイトより)

製造業向けの生産管理ソフトウェアを手がける中国の黒湖智造(ブラックレイク)は2月22日、シンガポールの政府系ファンドのテマセク・ホールディングスをリード投資家とする約5億元(約81億円)のシリーズCの資金調達ラウンドを完了したと発表した。

2016年創業の同社は上海市に本社を置き、製造現場の工程管理を最適化するMES(製造実行システム)と呼ばれるソリューションをクラウドベースのSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)方式で提供している。MESやERP(統合基幹業務システム)など産業用ソフトウェアの市場には、ドイツのSAPやシーメンス、アメリカのハネウェルなどが主要プレーヤーとして君臨する。

そこに食い込みを図る黒湖智造の強みは、外資系大手よりも圧倒的に安い価格だ。顧客別にカスタマイズされたMESは外資系大手なら数百万元はするが、黒湖智造のSaaS方式なら数十万元ですむ。しかも、同社のシステムは(自前のコンピューターを持たなくても)クラウドサービス上に構築することが可能だ。

顧客とともに東南アジア進出目指す

黒湖智造はSaaS方式によるソフトウェア提供を2018年10月から開始。それ以降、食品、飲料、製薬、化学、家電、樹脂、金属、自動車、エレクトロニクスなど幅広い業界の約2000社の製造業にソリューションを提供しているという。

「シリーズCで調達した資金は、東南アジア諸国への布石を含む市場開拓に充てる」。黒湖智造の創業者でCEO(最高経営責任者)を務める周宇翔氏は、財新記者の取材に応じてそう語った。

中国の製造業の成熟化とともに、労働集約型の製造業が工場を東南アジアに移す動きが盛んになっている。そんななか、黒湖智造は顧客の工場移転に随伴してベトナム、マレーシア、インドネシアに進出しようとしている。シリーズCのリード投資家にテマセクを迎え入れた狙いは、そのためのサポートを得ることだ。

本記事は「財新」の提供記事です

同社はすでにソフトウェアのベトナム語版とインドネシア語版を開発し、一部の企業とは契約を結んだ。しかし新型コロナウイルスの影響で、東南アジアへの進出は一時的に足踏みしている。コロナの流行が収束し、国境を越える人の往来が再開され次第、現地でソフトウェアの動作検証を開始するもくろみだ。

(財新記者:張而弛)
※原文の配信は2月22日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT