「カウンタックとボーラ」の似て非なる盛衰

半世紀前に生まれた2台のスーパーカーの雄

ランボルギーニ「カウンタック」とともに誕生50周年を迎えたマセラティ「ボーラ」(写真:マセラティ)

2021年は、スーパーカーにおけるアニバーサリーイヤーの“大漁年”である。ちなみにアニバーサリーイヤーというのは「生誕XX周年」など、区切りのよい数字にあたる年を指す。

これはスーパーカーの顧客へ向けての定番プロモーションであるのみならず、あるときはそれをモデル名にしてしまうこともある。

たとえば、こんなケースがある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ランボルギーニは1971年から延々と「カウンタック」を作り続けたが、さすがに20年以上も同じモデルを作り続けるわけにいかなかった。各種安全基準への適合が難しくなり、販売可能な期間も残り少なくなってきていた。

そこで、次期カウンタック(=ディアブロ)の開発がスタートしたのだが、突如、親会社となったクライスラーは、ガンディーニの描いた「ディアブロ」プロトタイプのスタイリングにあれこれ注文を付けだした。

本来、ランボルギーニ社の創立25周年(そう、ランボルギーニはかなり若い自動車会社である)として華々しくデビューさせる予定であったディアブロだが、そんな混乱からディアブロの完成はそのアニバーサリーに間に合わなくなってしまった。

1990年まで生産された「カウンタック25thアニバーサリー」(写真:ランボルギーニ)

そこで、慌ててカウンタックLP5000QVの化粧直しをして発表したのが、「カウンタック25thアニバーサリー」という長い名前のモデルであった。ちなみに、このモデルは大人気となり、販売可能なギリギリの時期まで生産された。

半世紀という別格のアニバーサリー

腕時計やアパレルなども含め、富裕コレクターをターゲットとするプロダクツにとって、アニバーサリーイヤーは格好のマーケティングツールとなる。

希少さを売り物とするブランドの中でも、さらに希少性を持ったアニバーサリーモデルを企画することもできるし、ターゲット顧客をアニバーサリーにかこつけてフェアに呼び込むきっかけになる。“貴方だけにお売りしますよ”というのが、ブランドビジネスの基本であるのだから。

「カウンタック25th アニバーサリー」の記念エンブレム(写真:筆者撮影)

さて、アニバーサリーイヤーの中でも、別格の“半世紀=50周年”というドラマチックな数字をアピールできるのが、2021年におけるランボルギーニ「カウンタック」とマセラティ「ボーラ」というスーパーカー界の雄である。

次ページ「自動車のバラ色の未来」を形に
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT