レクサスが「原点回帰」を今あえて掲げる意味

電動化時代の「欲しい」と思えるクルマ造り

富士スピードウェイ内のレクサスカレッジを起点にオールラインアップ試乗会が行われた(筆者撮影)

冬晴れに恵まれた年末の富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)で、毎年恒例のレクサスオールラインアップ試乗会が実施された。その名の通り、現在販売されているレクサス全モデルを報道陣が公道で試乗できる機会だ。今回の目玉は、年次改良を施した「LS」と「IS」である。

開催のタイミングで、政府が進める「2030年代での内燃機関(ガソリン車・ディーゼル車)新車販売禁止」が世の中で大きな話題となっていたこともあり、筆者はレクサスLS、ISの開発主査らと「レクサスの電動化」に焦点をあてた意見交換をした。その中で出てきた言葉が「電動車になっても、レクサスが欲しいと思っていただくこと」だ。

まず、レクサス電動化戦略「Lexus Electrified(レクサス エレクトリファイド)」の概要について触れておきたい。

レクサスの電動化ロードマップ

2019年の東京モーターショーで、レクサスインターナショナル プレジデントの澤良宏氏(当時)が、4輪にインホイールモーターを装着したコンセプトカー「LF-30 エレクトリファイド」を前にして、レクサスがこれから進む電動化への道を紹介した。

それによると、基本路線は国や地域による電動化政策や電気インフラなどの社会情勢を踏まえたうえで、HV(トヨタのハイブリッド車の表記)、PHV(同プラグインハイブリッド車の表記、一般的にはPHEV)、EV(電気自動車)、そしてFCV(燃料電池車)を適材適所に導入するというもの。

レクサスの発表による電動化戦略「レクサス エレクトリファイド」の商品導入イメージ図(筆者撮影)

導入ロードマップは導入年別とし、2020年(HV/PHV:2モデル、EV:1モデル)、2021年(HV/PHV:2モデル)、2022年(HV/PHV:2モデル、EV:1モデル)、2023年(HV/PHV:3モデル)とされた。2024年以降はロードマップにボカシを入れて、導入に対する柔軟性を主張している。

こうした電動化への動きを海外プレミアムブランドと比べて、「レクサスはコンサバではないのか」という印象を持つ人もいるだろう。PHEVについてはメルセデス・ベンツ、BMW、ボルボなどが、またEVではテスラを筆頭にアウディやポルシェを含むフォルクスワーゲングループやゼネラルモーターズ(GM)が積極的な商品導入を行っているからだ。

また、中国では事業継続性に関して不安が残る企業が多いとはいえ、国策のNEV(新エネルギー車)規制を社会背景として、各種のEV関連ベンチャーがプレミアムEVを発表している。

次ページ試乗で感じた「レクサス エレクトリファイド」の本質
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT