英国名車を1カ月で手放した男、その残念な理由

デイムラー ダブルシックスのほろ苦い思い出

ダブルシックスは2台続けて乗った。1台目は91年製、2台目は93年製。カタログ的にはとくに変化はなかったものの、僕は躊躇することなく93年製に買い換えた。中身も外観も基本同じなのに、なぜ91年製から93年製に乗り換えたのか、不思議に思う人もいるだろう。

答えは簡単。デイムラー ダブルシックス(ジャガー XJ シリーズ3)の「生産終了が決まった」からだ。ちなみにXJ……1986年には次世代モデルがデビューしている。だが、「クラシック」の香りすら漂わせる「シリーズ3」の人気は高く、デイムラー版を含めて生産は続行された。7年もの長きに亘って……。

静的に、のみならず、動的にも……すべてに「美しい!」と形容できる名車……その最終生産モデルを、僕はなんとしても手に入れたかった。

ジャガーを一流のプレミアムブランドに育て上げた、サー ウィリアム ライオンズの美意識には、今なお惹かれ続けている。彼の代表作ともいえる、ジャガー マークⅡ、ジャガー Eタイプは、永遠に僕の憧れだ。そして、XJ サルーン シリーズ3は、その延長上に位置する作品。彼が直接関わった最後の作品でもあるのだから……。

自分好みに仕立てたダブルシックスに乗りたい

91年製を93年製に買い換えた理由はもうひとつある。91年製は、なにも考えず「ありもの」を買った。でも、心の中に、「自分好みに仕立てたダブルシックスに乗りたい」との思いはずっとつきまとっていた。

生産終了の話を聞いたとき、その思いは我慢しきれないほどになり、実行に移した。

ボディカラーは濃紺、革シートはアイボリーホワイト、シートにはワイン系のパイピング……確か、そんなオーダーだったと思う。多くをオーダーできるわけではなかったが、それでも満足度は高かった。

当時、ジャガー・ジャパンの広報責任者であられたK氏にもあれこれサポートいただき、オーダーの作業も問題なく進んだ。このK氏、なにごとにも強い拘りを持つ好事家。そのガレージには今もダブルシックスがさりげなく置かれている。

次ページ予期しないことが起こった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT