STAP騒動…日本の科学はダメなのか?

田原総一朗×丸幸弘「日本の科学と教育を変えよ」

「事に仕える」から「事を仕掛ける」へ

田原:丸さんは、「仕事は『事に仕える』ではもうダメだ」という持論も持っていますね。

:そうですね。うちの社員にもよくそう話しています。20世紀は言われたことをちゃんとやっていればOKだったと思います。でも、それは経済が右肩上がりだったから。ひとつのテクノロジーやアイデアで30年もつ時代は終わっています。新しいアイデアを考え、仕掛け続けることこそが「仕事」になったと思うんです。

田原 総一朗(たはら・そういちろう)
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーに。活字と放送、ネットなど幅広いメディアで活躍。2002年4月より早稲田大学特命教授として大学院で講義をするほか、次世代リーダーを養成する「大隈塾」の塾頭も務める。『日本の戦争』(小学館)、『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』(講談社)『40歳以上はもういらない』 (PHP新書) など著書多数。

田原:アップルや、グーグルなど新しいアイデアと仕掛けは、アメリカの企業からばかり生まれている印象もあるね。

:教育の仕組みが異なっているからではないでしょうか。自分のアイデアが世界を変えることができる、ということを体感させる新しいカリキュラムの開発などに、先生方も取り組み続けている。3年後には今の教えている内容が陳腐化するかも知れない、ということに彼らは早くから気がついている。日本ではようやくこれから、という段階なのに。

絶え間なくアイデアを提供し続ける、その習慣を定着させることが、これからの強い会社を作ることだと思うんです。

田原:日本だと孫正義が面白いけどね。彼を日本で最初に取材したのは僕なんだよ。まさに麹町のガレージみたいな場所で会社を興していた。そこで「会社案内に推薦文を寄せてくれ」ってお願いされて、写真入りでコメント寄せてるんだよね。

:孫さんはすごい人ですよね。きっといい意味で「怪しい」人なんだと思います(笑)。有り余る情熱と世界を見る高い視点。やはりあこがれの存在です。

田原:あと彼は決定がホントに早い。その場で役員に電話して、調査が必要ならすぐアメリカに飛べって言ったりする。

:最先端の情報を把握しておくことの大切さを、何よりも理解されているのだと思います。僕たちも、雑誌を持ち取材を続けることで、つねに最先端にリーチできるように心掛けているつもりです。

次ページ小保方さんの弁明、あれではマズい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。