アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

渋沢栄一「現代語訳 論語と算盤」が2位に

大河ドラマのスタートで渋沢栄一の書が上位にランクインしました(写真:miya227 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、2月14日~20日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『本当の自由を手に入れる お金の大学』が2週連続1位

今週(2月14日~20日)のランキングでは、前週に引き続き、『本当の自由を手に入れる お金の大学』(両@リベ大学長著、朝日新聞出版)が1位に輝いた。アマゾンによると、特定の要因はなく、安定して注文が入っているという。

『本当の自由を手に入れる お金の大学』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週4位だった『現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)』(渋沢栄一著、筑摩書房)がランクインした。アマゾンによると、渋沢栄一を主人公としたNHK大河ドラマ『青天を衝け』がスタートしたことが影響しているのではないかという。

3位には、前週2位だった『スマホ脳 (新潮新書)』(アンデシュ・ハンセン著、新潮社)がランクインした。アマゾンによると、特定の要因はなく、安定して注文が入っているという。

初登場で14位にランクインしたのが、『引き出す力 あなたの中の「宝」を掘りおこす!』(山崎 拓巳著、ビジネス社)だった。発売日が影響している模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT